Goprohero9を購入しました。

Goprohero9black

既にGoprohero7を持っていましたが1080pでのライブ配信が可能とのことでhero9blackも追加で購入。

Goprohero9 Goprohero7 比較


早速1080pでの野外ライブ配信をテストしてみました。
今回、Goproアプリと5Gスマホのテザリング機能を使っての配信にチャレンジしました。
5G回線はまだ運用されていませんが、実質4G回線を無制限で使用できるため、Goproのライブ配信用回線として活用可能です。docomoのLTE回線を使用しました。


結果、問題なく野外から5Gのテザリングを使って配信することが出来ました。
ライブ配信するに当たって一つ問題なのが上下反転。

Goprohero9配信

通常の録画であれば上下反転に自動対応していますが、ライブ配信の際は適応されません。そのため、吊り下げ型のマウントは工夫する必要があります。

Goprohero9野外配信

このように正規の上向きの状態で取り付け。
配信自体は問題なくできました。GoProアプリから配信しwifi回線でテザリングするスマホをアクセスポイントとして選択。スマホはドコモAndroid端末のF-51Aを使用。

車載だけでなくもちろん歩き録りでもテザリング活用可能。

一点、不具合というか問題点。テザリングでのライブ配信は可能ですが、固定のwifiを活用する際、スマホとGoPro間がwifi接続をしているため固定回線でのGoProアプリ経由の配信は出来ませんでした。

テザリングでの野外配信はHero7でも可能でしたが720pのみでした。Hero9では1080pで配信できるのでリアルタイムでヌルヌルな動画が配信できます。

というわけで、今回はGoProHero9blackと5Gスマホのテザリングを活用した野外ライブ配信についての記事でした。

野外でのライブ配信に関しては、DJIのOsmombile4を購入したのですがブレブレの初期不良品で即日返品した経緯があります。

IMG_20200829_123752

今のところGoPro9は安定しているので、野外でのライブ配信はこのシステムでしばらくいきたいと思います。