ど素人の仮想通貨トレード記第3弾。
前回暴落時にはネムを底値で買い増しできましたが、再び下げ兆候が出ているので本格的に回転売買に挑戦してみることに。

com_HheKrYQ

回転売買とは高値で売って安値で買い戻して差額で保有枚数を増やすことです。
例えば100円で100枚売りました、その後下げて50円の時に1万円で200枚買い戻しました。差額100枚が増えたことになります。
反対に、売ったときより値上がりしてしまうと買い戻せる枚数が減って保有枚数を減らしてしまう諸刃の刃でもあります。

トレード参入半月程のホンモノのど素人ですが、チャートを眺めているとなんとなく流れがみえてきた気がします。

早速ナノウォレットに入れておいたXEMをZaif取引所に送りました。ハーベスト目的で入れておいたのですが、初めてのハーベストが0.15XEMでした。これでは銀行の金利より少し良いくらい。

回転するに当たって自分なりのルールを定めておきます。

・欲張らない、自分の判断した底値と天井より1円安いラインで回転させる

・暴騰の置いて行かれは最も避けたいため、多少損が出ても見限ったラインで成り買いで買い戻す

それでは実際に回転させた例を紹介していきましょう。

キャプチャ

128.5円で売って126.6円で買い戻し。
これは全枚数回転させています。
ジャスト1時間で利幅1.9円、15000枚ですので225枚ほど増やすことができました。

_20180123_161236

108円で5000枚売って106円台で拾う。

_20180123_161201

天井で売って

_20180123_161141

底値で拾う。買値がばらけたのはリバ察知で成り買いで買い戻した為です。直後に107円台まで騰げたので正解でしたね。

素人なりに、何となく掴んだ回転のコツを纏めておきます。

・回転させる枚数によって狙い目をかえる。大口回転は食い切られなかったり、全額買い戻し出来ないことがあるので自信がある時のみにする

・狙い目その1
上げトレンドでイナゴタワーが出来たら天井こついて即成り売り、1円から1.5円下で拾う短期回転

・狙い目その2
市場を操れる大口トレーダーの回転に乗る

1


例えば、チャートを眺めているとこのようにキリの良いラインに強固な壁が出現する場合があります

これは100円を突破させたくない大口の見せ板だと思われます。
チャートを観察すると96円ボトムの100円トップで回転させていることがわかりますね

5-2

後はこの流れに乗るだけ。
99.5で売って98.2でリミット買いの注文。シャワー浴びてるうちに思惑通り刺さってました

_20180124_100618

底は96ラインでしたが、回転の回数が増えるほど振れ幅が小さくなっていくのと、ルールの深追いしない点を加味してマージン足した98.2で指値。
上の図のように結局底が浅くなり、98円台までしか下げませんでしたがうまく拾えました。
マージンを含めることは大切ですね、底を見極めても他のトレーダーとかぶります。後追いで指値を上げても乗り遅れますので、予め少し余裕を持たせた数字で0.2程上を指すようにしています。

・狙い目その3
暴落時に落差を拾う
急激な暴落時に低反発した瞬間を狙って差額を拾います。

_20180123_161646
_20180123_161700

110円で売って108.5円で買い戻しています。
この間の値動きのタイミングは30秒ほどでした。低反発の騙し上げ後にまた下げるところを狙い討ち。

・狙い目その4
売り板と買い板の乖離差を狙う

_20180124_091019

売り102.9 買い102.2
このように売りと買いの間に幅があるケースがあります。一気に値が動いたあとに起こりやすい相場ですがこの差額を拾います。
コツは小口でまわすこととスピード指値。

_20180124_091037

1000枚で売った瞬間買い戻して差額で7枚追加です。この間2秒ほど。7枚なんてお駄賃にもなりませんが、まあ今はとりあえずトレードの経験を積むことに意義があると考えています。

と、このように素人ながら順調に回転売買で枚数を増やしています。
結局仮想通貨はよーく観察してみるとなんとなく読めるような気がしてくる不思議。
それと、やはり直感も大切ですね。

昨夜の大暴落ですが、夕方一時的に下げた時にどん底で全枚売りました。

NEM暴落

これの左の底で17時のところ、実際には17時5分に102.5円で全ての保有XEMを売却しています。
その直後、まさに売れた瞬間に暴騰!
みるみるうちに105円まで騰げて真っ青です(笑)
本来ならルールに乗っ取ってムーン上昇乗り遅れを警戒して105円で泣く泣く買い戻すところですが、ここ数日の流れ的に夜はまた下げる気がするのでスルー。

その後も上げトレンドにかわってじわりじわりと騰げていきます。このあたりは流石に精神的に辛い(笑)
なんとか耐えて、下げトレンドへ。
このあたり元値に戻しそうな時が魅惑の時間帯ですね。
103.5円辺り、このあたりで買い直しておけば被害は最小限に抑えられます。
おまけに、ビットフライヤーの新規銘柄発表が噂されていた19時40分に合わせて降りてきました。ここで拾わないと、爆騰する可能性もある。
しかし直感を信じてここもスルー。
なんとなく、またドーンと落ちそうなのでここは回転というか一度フィアットに逃がしておいた方が良いかもという判断。
結局、100円ラインをあっさり割って反発ラインをある程度見定めてから98.5円で入り直しました。

1
結果オーライで600枚ほど増やすことに成功。こういう直感は、今後トレードの経験を積む毎に鋭くなっていくのでしょうか。

慣れてきたのか、このような二段階の上げ下げも的確に拾えるようになってきました。

_20180124_162331

103.81で売って102.5で拾う、すぐさまリバを104.5で売って103.6で回収。ほぼ天井と底で掴めたパターンです。
_20180124_162307

これらは指値売買ですので動きをみてではなく予め仕込んでいます。

何やかんやとウォレットから移したXEMが5日程で約1700枚増えました。
14638枚→16383枚

Comb23012018094825


現在の100円で見積もって17万円プラスです。ハーベストの初回報酬が15円程でしたので、これはナノウォレットで塩漬けしておくのは勿体ないかもしれませんね。

ぶっちゃけトレードの難しいことやチャートの理論的な分析は、参考書等読んでいないのでわかりません。
ただ市場を観察しています。元々自己流の方法を煮詰めていく性分ですので、もう少し観察と実証を続けながら経験値を積んでみます。
以上、ど素人の仮想通貨トレード記でした。



XEMはZaifで買ってます。
現在参入認証待ちで開設まで時間がかかるようです。新規参入組は早めに取引所への登録を済ませておくことをオススメします。

※追記 1/29
コインチェック騒動で回転してまた少し枚数が増えました。

_20180129_152128

明確な下げ要素は回転させやすいですね。
例えば会見の情報が入ったら即売り、会見前までは下げますのでそこで拾えば大口でも抜けます。一旦逃げておけば本当に暴落したときも逃げ切れるので一石二鳥です。

XEM暴騰

奮闘記のネムアドレスはこちら。ご支援感謝致します
NCTZWK-FWWAN6-O6D6JI-T5EMAU-7H5N3B-3KOIXW-D2AM