SONY FDR-AX700が手元に届きました。
本日2017年10月13日(金)発売の4K新型ハンディカムです。

fdr-ax700開封




 とりあえずファーストインプレッションですので率直な感想を。
先ずはオートフォーカスが素晴らしい。
AF苦手と言われ続けたAX100ですが、AX700はフォーカススピード、追従性共に文句なしで得意点へと昇華されています。
ピタッと吸い付くようなフォーカスが気持ちいい。

FDR-AX100
※FDR-AX700で撮影

液晶モニターも高画素化されたようで、モニター表示がとても綺麗です。
FDR-AX700モニター


静止画写真撮影の性能も上がっているようで、一眼レフハイアマチュア機レベルの写真が簡単に撮れます。

AX100と比較すると、ボディが横に広くなりました。タッチパネル式が廃止されたのに伴い、メニュー選択が物理コントローラーになりました。
FDR-AX700vsFDR-AX100


メニューのプラットフォームが一新され撮影しながら設定を変更出来るようになっています。
端子周りですがHDMI端子がCタイプからスタンダードタイプへと変わりました。
4K録画中に出力出来るようになりましたのでリアルタイムモニタリングが可能になっています。

FDR-AX700背面


タッチパネル式廃止に伴い、アサインボタンが物理ボタンにわりふられています。

FDR-AX700ファインダー


一点気になったのが動画と静止画を切り替えるボタンが無くなったこと。アサインボタンに割り振りできますが、こちらはデフォルトで置いて欲しかったですね。

バッテリーの型式がかわっています。旧タイプが使えるかどうかは今のところ不明。
流石に新機種に純正バッテリー以外をぶち込む勇気はありません。

サンプル映像何点が置いときます。

フルオートでの撮影


ズームとオートフォーカスサンプル映像


マニュアルフォーカスのサンプル映像


こちらは開封動画


明日、外に持ち出して色々撮ってみたいと思います。FDR-AX700のサンプル映像はこちるのYouTubeチャンネルにアップロードしていきます。



FDR-X700レンズ


4K60Pなしは残念ですが、個人的には買って良かった当たりという評価です。フラッグシップ機が順当に進化したと言えるでしょう。

FDR-AX700 セット


これから紅葉シーズンですので楽しみですね。以上、SONYの新型ハンディカム FDR-AX700のレビューとファーストインプレッションでした。



ソニーストア
ソニーストア