一枚板の座卓のウレタン塗装が剥がれてきたので全て剥がしてオイルフィニッシュにしてみました。

無垢板 机 修理


DIYとはDo it yourselfの略。
もともと何かしら自分でやることは好きです。
せっかく良い無垢材を使った座卓ですので、手を加えて甦らせてやりたいと思います。

まずは座卓の現状。
経年劣化によりウレタン塗料が剥がれ、おまけに虫喰い穴が複数空いている状態です。

一枚板 リメイク


ウレタン塗装 剥がし方


【使用道具】
・ランダムサンダー
・マジックペーパー
・布やすり
・紙やすり
・ハンディかんな
・防塵マスク
・リールコード
・木工パテ

先ずは剥がれかけたウレタン塗装を剝いていきます。これがかなり大変、何層も重ね塗りされているため、電動サンダーを使用してもなかなか思うように削れません。

一枚板 ウレタン 剥がす


研磨はアストロプロダクツのランダムサンダーを使用しています。サンダーは粉塵が舞い吸い込むと体に悪いですし、目にも入るのでこのようなしっかりとした防塵マスクをつけて作業しましょう。

電動サンダー 防塵マスク


image


60番で荒削りしていきますがランダムサンダーではなかなか下地の素材まで辿り着くことができません。
このままでは日が暮れてしまいますので、手動で荒削りする道具に持ち替えます。

手かんな


カンナがけの要領でウレタン層を削っていきます。

無垢 かんな


ランダムサンダーよりスピーディーに削れますがやはり手動は疲れます。防塵マスクをしていると息苦しく、熱中症の危険もあるので15分間隔で水分補給をとりながら作業を進めます。

無垢の一枚板のため耳は木肌のままですので布やすりと紙やすりで対応します。

無垢 ウレタン 剥がし


ウレタン塗装 オイルフィニッシュ


この日の気温は30℃。
汗だくになりながら5時間かけてようやくウレタン塗装を剥がし終えました。

一枚板 檜 座卓


ペーパーの目を細かくしていき表面を整えます。60、80、120、240、600、800、1200、2000と番手をあげながら丁寧に仕上げます。

無垢 座卓 リメイク


続いて室内に移動させ、虫食い穴を埋めていきます。無垢板の耳は虫がつきやすくおそらくカミキリムシでしょう、幼虫の食痕と羽化時の脱出穴が複数空いてしまっています。

DIY 座卓

一枚板 虫食い


室内作業に切り替えたのは湿度対策。
梅雨時ですので、湿度の高い室外よりクーラーの効いた室内の方が乾燥時間を短縮できます。

DIY 賃貸


木工パテで穴を埋め、二度塗りして造形します。このあたりの作業は車のエアロパーツの修理とほぼ同じですのでおぼえがあります。

机 虫食い穴 埋める


1日しっかり乾燥させて布やすりでパテをならします。

一枚板 虫食い穴 直す

机 無垢 仕上げ


番手をあげて表面を滑らかにし、仕上げは液体コンパウンドをウエスに付けて磨きます。
肌触りすべすべに磨き上がりました。

DSC07334


この木の手触りを残したいので、元々塗られていたウレタン塗装ではなくオイルフィニッシュ仕上げにします。
ウレタン塗装の方が水や汚れに強いですが、無垢板はオイルフィニッシュ仕上げが映えます。

使うオイルは植物性のえあぶら。
マルタの『一番搾り 純正荏油』を塗っていきます。

純正荏油


使い古しのTシャツを切りウエスにして薄く荏油を塗ります。

オイルフィニッシュ 荏油


塗りおえたらすぐさま新しいウエスで拭き取ります。乾燥に24時間、3度塗りの重ね塗りをして完成。

一枚板 ウレタン塗装 オイルフィニッシュ


ボロボロの座卓がオイルフィニッシュ仕様に生まれ変わりました。

荏油 オイルフィニッシュ


この一枚板、側面の年輪を数えてみるとちょうど樹齢百年。

樹齢100年 一枚板


良い素材の家具はリフィニッシュしてやるとずっと永く使えます。
DIY初心者ですが、なんとか実用使用できるくらいまでにはもっていくことができました。

作業日数ですが、ウレタン塗装剥がしに1日、パテ埋めと乾燥、削りに3日、荏油3度塗りと乾燥に3日の計1週間かかりました。

55インチの4Kテレビ前に設置し、これから我が家の座卓として活躍してくれそうです。

image