本日、YouTubeの子供向けプラットフォームとしてYouTube Kidsがリリースされました。

YouTube kids


子供に安心してみせられるように様々な制限をかけられます。
早速インストールしてみたのでレビューを。


先ずは初期設定。

YouTube kids 設定


コンテンツへのフィルタリングについて。
これはGoogleサーチのセーフサーチの強化版のようなものでしょう。

YouTube kids ブロック


ブロック機能を搭載。
ブロックした動画はログイン中にこのYouTubeキッズアプリを通すと非表示になるようです。

YouTubekids


子供の年齢層別にさらにマッチングしたフィルタリングがかかります。

YouTubekidsの設定変更には毎度パスーコードが入力必要となっています。

YouTubekids パスワード


ロック解除は表示された漢数字を英数字として打ち込むだけですので、小学生までくらいの子供に対しては有効でしょう。

YouTubekids タイマー


タイマーでは起動可能な時間を設定できます。

検索結果も、従来のYouTubeプラットフォームより少ないのでフィルタリングされているのでしょう。
ちなみに、自分の動画が一応検索で出ることを確認しました。
ちなみに、検索機能をオフにすると完全にクリーンな動画しか視聴できなくなります。

YouTubekids 検索


一通り触ってみてこんな感じです。
現状、YouTubeには有害な動画が溢れていますが、このYouTubekidsアプリ経由であればクリーンな動画のみを視聴させることが可能になりました。親御さんにとっては安心ですね。

さて、ここまでは子供に利用させる視聴者目線のレビュー。
ここからは投稿者目線の話になります。

実質、公式のブロック機能がついたことになります。
青少年に適さないチャンネルは、今後いくらかの影響を受けることになりそうです。
反対に、低年齢層向けの動画を配信しているチャンネルには追い風ですね。
今後はYouTubekidsを踏まえてのSEO対策が必要になってくるかもしれません。

取り急ぎ、ひらがなでのタイトルタグ打ちを試してみる価値はあると思います。
このあたりは時間をかけてゆっくり検証してみましょう。
願わくば、通常版にもブロック機能を搭載してもらいたいところですが。

以上、簡単ですがYouTubeキッズの所感レビューでした。