ロマサガの舞台『ロアーヌの燃える日』大阪公演を観に行ってきました。
サガステことRomancing SaGa THE STAGEとしてロマサガ3の物語が舞台化。
ロマサガ3好きとしては行っておかねばとGW初日に大阪サンケイホールブリーゼへ。

image



実は舞台というものを初めて観ます。
ギリギリリザーブなるもので25日に滑り込み予約しまして、当日はS席で2階の座席でした。
まず驚いたのは座席の狭さ、エコノミー以下の狭さで腰痛持ちには辛い体勢。
構成は1部1時間、2部1時間半とのことで腰がもってくれることを祈ることに。

image


客層ですが、ゲームファンより舞台ファンの割合が多いように思いました。
12時半に開演で舞台が始まります。プロジェクションマッピングが組み入れられていて視覚的にも豪華。
内容はネタバレになるので触れませんが、とても楽しく観賞することができました。
ゲーム内で語られることのなかった設定や背景が盛り込まれており、ロマサガファンにはたまらない内容でした。

BGMにも聴き入ってました。ロマサガの曲をこのようなシチュエーションで聴ける機会は滅多にありませんので。
アレンジもよく、四魔貴族と新四魔貴族の曲はメタルアレンジでした。
何故かサルーインバトルがしれっと混じってましたがご愛嬌。

ロマサガやり込んだ人にとってはすんなりと理解できるシナリオでしたが、プレイしたことのない人にとっては少し難しい話だったかもしれませんね。
ナジュ、シノン、カムシーン、デッドリースピン等の固有名詞が特に説明無く飛び交っていましたので。
舞台ファンの方には是非ゲームも手にとってもらえればと思います。

ネタバレになるので内容に触れられませんが、ロマサガ3の世界がしっかりと再現されていたと思います。気がつけば腰痛のことなど頭にないくらい見入ってしまっていました。
ロマサガ3はVitaでの20年越のリメイクが決定してます。発売が更に楽しみですね。

大阪公演は明日もあるようなので気になる方はどうぞ。3時間前の飛び込み予約もできるようです。

サガシリーズは音楽も魅力の1つです。
舞台のサントラも発売予定とのことで、気になった方は要チェックです。

最後に、過去ギターで弾いたサガシリーズものを貼っておきます。

ミンサガ


サガスカーレットグレイス