DJI OSMOで再現性のあるエラーを確認しました。

image


OSMOのマイクロSDカードを抜き差しした後、フォーマットしようとするとエラーが発生しその後SDカードが認識されなくなる不具合。


発生環境は東芝のクラス10U3カテゴリの4K対応モデルのマイクロSD。

起動後すぐにフォーマットしようとすると、フォーマット失敗!となりその後認識エラーも併発して録画が出来なくなる症状です。
一度このような状態になってしまうと、PCに接続してフォーマットをかけないと使えません。
通常、使用デバイスでフォーマットをかけるのが正しい手順ですが、このケースだと再度オスモに挿してフォーマットすると同じエラーが再発します。

回避法は、OSMOに挿して起動後に写真なり動画の撮影をすること。この手順を踏んだ後ならOSMO本体でのフォーマットも成功!となります。出先でこれをやらかしてしまうと、フォーマット可能な外部のデバイスが必要になるので注意が必要です。
フォーマット魔の人からすると気持ち悪い話ですが、データ取り込み後のフォーマットエラーでお困りの方は上記の回避方法をお試し下さい。

書き込みに関しては東芝の3000円程のマイクロSDカードで良好。
AX100では、SONYの純正のカードを使っても
バッファオーバーエラーをたまに出しますが、オスモは安定しています。

OSMOですが発熱が少し気になります。
この気温で金属部がやけどしそうなくらい熱くなってますので、夏場の連続使用はヤバそうな気配がします。
画は文句なく良いものが撮れるのでうまく付き合っていきたいですね。

OSMOのみで撮影した歩き撮り映像を貼っておきます。





P.S
入籍報告の記事を読んでくださった読者さんからOSMO用の外部マイク、Rode Video Microを贈って頂きました。Amazonの欲しいものリストから贈って下さったようで有難い話です。大切に使わせていただきます。