ストックフォト奮闘記。
参入以来右肩上がりを続けてきたストックフォトでしたが、今月は減収となりそうです。

image


これまでは動画素材の高単価メリットばかりを推してきましたが、ここにきてデメリットが炸裂。
高単価で一発当てるということは裏を返せば博打。売れれば高収入でも売れなければゼロ。
4K素材が1本出れば6000円、出なければゼロ。

寄稿のアップロードに10倍以上時間のかかる4K素材。数の暴力という点では勝負できませんのでどうしてもこのような不安定感がついて回ります。
特に、今月は決算期後だったので覚悟はしていましたが前半は酷いものでした。
10日あたりまでで売れたのは定額の写真のみ。
その後今日までに動画素材のHDサイズが2本なんとか出ました。

image


一発屋のムラ、不安定感の傾向が顕著に現れる結果となりました。
しかも売れた動画素材は同一の作品。

こちらの海月の映像ですが、以前4Kサイズでも出ていたものです。

image


動画素材のみで勝負する人は少ないと思いますが、今後この不安定はずっとついて回る問題でしょうね。
出れば臨時ボーナスでラッキー!くらいの感覚でやるのが良さそうですね。

素材に関しては先月から殆ど寄稿できていません。雨続きな上、YouTube投稿用の素材撮影に時間を割いていてなかなか機会が取れない現状です。
併用できれば良いのですが、イベントものなので権利の問題で色々と難しいですね。

まだ半月ありますのが、不安定=月末大逆転もあり得るのが動画素材のメリット。
メリットデメリットが半丁博打のようですが気長に経過を見守りたいと思います。

そういえば、シャッターストックは500$オーバーで定額写真の単価が上がるようです。
0.25→0.33と雀の涙程度ですが今月中に突破できそうです。

image


500$突破記念に何かうまいもんでも食べにいければと思います。

adobeストックでもちょくちょく売上報告が来るのですが、こちらは動画が出ませんね。
シャッターストック1本に絞るべきか検討中です。

以上、ストックフォト奮闘記でした。

シャッターストック登録は以下からどうぞ。