Amazonのプリントオンデマンド出版(POD出版)を利用して紙書籍の本として「知られざるオオクワガタ」の販売を開始しました。

アマゾン オンデマンド出版


POD出版の方法やハウツーについてまとめておきます。

先ずKindle電子書籍として先行リリースした「知られざるオオクワガタ」。
前回記事にした「100円SHOPの商品でクワガタのブリードにチャレンジしてみよう!」の電子書籍は全て自分だけで出版まで持っていきました。
このように、電子書籍だけならセルフパブリッシングで自分だけで出版可能です。
しかし、今のところ紙書籍のプリントオンデマンド出版をする場合は権限を持った出版社を通す必要があります。

「知られざるオオクワガタ」は紙書籍で出すことを目標に執筆していたので、今回キンドルの電子書籍出版代行なら「パブフル」
という出版代行サービスを利用しました。
こちらは電子書籍を代行で出版してくるサービスですが、オプションでPOD出版も対応してくれます。

そもそもプリントオンデマンド出版というのは何ぞやということに触れておきましょう。
POD出版は書籍配信の新しい形です。
通常の本を出版する場合は初版に何百部と刷ってから出版になります。
初期費用がかかりますし当然売れないと在庫を抱えることになります。
しかし、POD出版では注文が入ってから印刷がされます。このことにより在庫を抱えることなく永久にAmazonオンラインストア上に並べておくことができます。

紙書籍で出版するメリットですが、まず電子書籍を読む環境のない人にも読んでもらえることが挙げられます。
私自身、電子書籍を出版するまで電子書籍に触れたこともなかったのでデジタルに疎い人にも手に取ってもらえることは読者層の拡大に繋がります。
更に、書籍コードとJANコードという販売コードを取得することにより国立国会図書館に寄贈可能となります。
国立国会図書館に寄贈するとデータベースに保存され半永久的に記録として残すことができます。
私の場合はこの国立国会図書館への寄贈が第一目的でしたので、今回プリントオンデマンド出版を利用する流れとなりました。

それでは早速出版方法をみていきましょう。

今回パブフルという電子書籍出版代行サービスを利用しています。

POD出版はオプションなので、今回電子書籍版の出版もこちらにお願いしています。
この手の代行サービスは売上のロイヤルティーをレベニューシェアとして持って行かれるサービスが多いですが、パブフルは売り切り型のサービスです。

今回は校正等含んだ29800円のフルサポートプランでお願いしました。
POD出版は別途20000円かかります。

通常プランは19800円です。
利用してみて、校正等クオリティが高く結果的に上のプランでお願いしてよかったという感想です。
担当者がついてくれ、メール経由で細かなやりとりをしながら進めてくれます。
利用当初はサービス開始直後で、私の「知られざるオオクワガタ」はこの出版社の5冊目の出版物でした。
半ば人柱覚悟の利用でしたが満足のいくサポートだと思います。

電子書籍はテキストファイルその他を納入してすぐにリリースされました。



しかし、POD出版はパブフルとしても初めての試みのようで存外時間がかかりました。
結果的に2ヶ月ほどかかって無事プリントオンデマンド出版のペーパーバックとして、Amazonに並びました。



POD出版については、基本的に電子書籍出版のデータを流用して進めてもらえます。
一つ注意点としては、電子書籍版と表紙のサイズが異なること。
使い回しができないので元のデータをプロジェクトファイルで保存しておいた方が良いです。
更に、解像度が低いと登録できませんので大きいサイズの素材が必要になります。
併せて、背表紙と裏表紙も必要になります。

表紙サイズは電子書籍が1562×2500なのに対してPOD出版では1440×2133、背表紙は60×2133となります。
ちなみに、ページ数が100ページ未満の書籍は背表紙を設定することができません。
私の場合、少し足りなかったのでパブフル側の提案で行間のスペースを拡げてページ数を水増ししました。

ちなみに、今回私は表紙を自作しています。
電子書籍出版の時点で表紙作成サービスが料金に含まれていますが、自作の場合は5000円が還元されます。

知られざるオオクワガタ


POD出版のロイヤリティですが、電子書籍のロイヤリティとは異なります。
電子書籍は一律で売値の35%か70%であるのに対して、POD出版は印刷代が差し引かれます。

基本ロイヤリティは60%。
そこから印刷代が【ページ数×2.5円】+180円となります。

例えば100ページの書籍を1000円の価格設定で出版した場合。

1000×0.6でロイヤリティが600円、そこから100×2.5円+180円=430円が引かれた170円が最終的に手元に入ってくる印税となります。
電子書籍のロイヤリティと比べるとかなり低くなります。

書籍のサイズと表紙の素材を選び、後はパブフルさんにお任せです。
時間はかかりましたが、何とか紙書籍の本として仕上がりました。

さっそくAmazonより取り寄せて仕上がりを確認。

知られざるオオクワガタ


Amazon POD出版


流石にフルカバー本には見劣りしますが、コンビニに並んでいる漫画の再版本と同等のクオリティは維持されています。

プリントオンデマンド出版


ちなみに中身はモノクロのみ。

プリントオンデマンド


紙の色は白とクリームで選択できますが、今回クリームで制作しています。
実際に紙書籍の本として手に取ってみると、やはり電子書籍のデジタルデータのみの出版より達成感がありますね。

POD出版サービスは最近では4980円で出版可能なMyISBNというものもあります。
こちらでは安価でPOD出版が可能ですが、以下のような制限があります。

・印税10%固定
・最低価格がある
・PDF入稿のみ

最低価格とは例えば50ページの書籍は880円以上、100ページの書籍は1300円以上と価格縛りがあります。
400ページ程の自筆の小説等を出版した場合、3000円以上でしか出版できないのでこれはかなり厳しい縛りです。
パブフルでは印刷代を下回らなければ大丈夫です。400ページなら1260円です。

「知られざるオオクワガタ」のペーパーバックは1180円で販売しています。
印税は一冊当たり278円です。
これをMyISBNで出版した場合、ちょうど100ページですので価格は1300円、印税は130円となります。

パブフルではテキストファイルとして入稿した後、挿入画像のレイアウトや文章の行間等も見栄え良く調整してくれます。
MyISBNの場合はPDF入稿ですので、自分が作成したそのものが仕上がりになります。
ちなみに、私はPDF化するのが面倒なのでこの時点で候補から外しました。

ということで、個人的にはAmazonのプリントオンデマンド出版はキンドルの電子書籍出版代行なら「パブフル」
がオススメです。

電子書籍を出版された方で、POD出版をお考えの方は参考にどうぞ。
ちなみに、オリジナルの写真集も同様の手順で出版可能です。
お気に入りの写真を書籍という形として残しておきたいという方にもオススメです。