2017年に発売予定の地球防衛軍5-EDF5
東京ゲームショウ2016に実機デモプレイが設置され色々と新要素が発表されました。 

地球防衛軍5


その中でも地球防衛軍シリーズ完全ニュータイプとなる人型知能生物コロニスト、コスモノーツに焦点を当て、来たる日のINF攻略に備えての考察をしておきたいと思います。

PVでもお披露目されたカエル型二足歩行生物コロニスト、そして宇宙服仕様のクレイタイプの人型宇宙人コスモノーツ。
両タイプ共に共通しているのは二足歩行で武器を携行し知能を有していること。
これまでの地球防衛軍シリーズは一貫して敵は最も近い人類にターゲットを取るというシンプルな統計でした。
しかしやつらはAI人工知能を有し、特定のターゲットにロックオンしたりカバーアクションをして隠れたりといったイレギュラーな行動が取れるように進化した模様。
イレギュラーな行動をするということは今後セオリー的な攻略法が立てにくくなりそうです。
例えば固まって引き撃ちしている逃げている先の角に隠れたりされると非常に厄介。

コロニストは小型のヘクトルのような位置づけが濃厚。
現在は片手にバルカン武器を持った個体しか確認されませんが、今後ミッションが進むと両手に様々な武器を持った個体が現れることが推測されます。
レンジャーの十八番であるコロリンこと緊急回避を行い、攻撃を受けるとエルギヌスのようにノックバックを行って逃れようとする。
そんな次作となる地球防衛軍5には、対抗策として新要素である部位破壊が実装されているようです。
コロニストは手脚を破壊できるようで、足を破壊して行動を、手を破壊して攻撃を押さえこめるようになっている。
部位破壊された部位は再生するとのことで、高難易度ではおそらくピッコロさんの如く素早くリカバーしてくると考えられる。
しかしながら、部位破壊による足止めがINF攻略の鍵となるかもしれない。
公表された新武器であるミニオンバスターのように追加要素のある武器は部位破壊に役立ちそうです。
オンライン強力プレイでは、足止め役、トドメを刺す役と役割分担が必要になるかもしれない。

部位破壊については、全作までいまいち使い所のなかった爆発武器が日の目を浴びるかもしれない。
個人的にゴリアスや馬糞は好きな武器なので、これらが対コロニスト戦の役にたつのであれば嬉しいですね。

コスモノーツはコロニストより更に小型で敏捷性も増しているようだ。
ストーム隊のような隊列を組み、連携など高度な戦術を展開してきそうな嫌な予感がする。
デモプレイではノーマル難易度にも関わらずその脅威をまざまざと見せつけている。
建物のよじ登り、素早い緊急回避を行う。
至急されている武器は、どこぞやのストーム隊とは違い高性能で序盤からAF100モデルが支給されているらしい。
こちらも今後、誘導タイプのミサイルやゆく果てはΩレーザーが支給される可能性もありINF攻略は更に難しくなりそうです。

まだまだ未発表部分が多く、残りの二兵科がどのような兵科になるかも不明なので今のところ有効な戦略は立てにくいのが現状でしょうか。
ミニオンバスターのような付加要素のある追加武器をうまく使うことで、コロニストやコスモノーツと対等に戦えるようになるのかもしれません。
いずれにしても、シリーズを通してかなり厄介な敵になることは間違いなさそうです。
INFではストリンガーJで足をぶち抜いて、カノン砲で纏めて葬り去るのがベターかもしれません。
コスモノーツはこまわりが効きそうなので軽くかわされるような気がしますが…

ビークルに関する扱いも気になるところです。
ヘクトルのように吹き飛ばし性能があって、積極的にコロリンで壊してくるような知能があればたまったもんじゃない!
兎に角現在は情報不足なので更なる開示を待ちましょう。

地球防衛軍5は今のところかなり楽しめそうです。一ストーム隊員として来年が待ち遠しい。


ついに地球防衛軍アーマーがEDF隊員達にも支給されるぞ!
Tシャツにパーカー2種、ネイビーブラック各2色
EDF隊員は各自補給せよ!



地球防衛軍 Tシャツ【タイプB】ネイビー
地球防衛軍 Tシャツ【タイプB】ブラック


地球防衛軍 Tシャツ【タイプA】ネイビー
地球防衛軍 Tシャツ【タイプA】ブラック


地球防衛軍 パーカー【タイプB】ネイビー
地球防衛軍 パーカー【タイプB】ブラック


地球防衛軍 パーカー【タイプA】ネイビー
地球防衛軍 パーカー【タイプA】ブラック


〔日めくり〕まいにち地球防衛軍