ソニーの2016カンファで地球防衛軍5 - Earth Defense Force 5のリリース確定が正式に発表。発売予定は2017年内

地球防衛軍5


早速第一弾のPVが公開されたのでこちらを元に地球防衛軍5の世界を考察してみよう。




部隊は2022年。
地球防衛軍4及び4.1が2025年なので過去の話ということになる。

とりあえずPVからわかった事を箇条書きに。

・兵科は4で言うレンジャーとダイバー
・ウイングダイバーがペイルウイングっぽい
・ウイングダイバーがガーターベルト
・柱状の巣のようなものが登場
・アイテムドロップ制
・カエルがいる
・カエルが武器を持っている
・新型飛行タイプのUFO
・プロテウスとベガルタの中間ロボット登場
・輸送船若しくは味方機の内部潜入有り
・復刻版マザー

兵科は今のところ陸戦兵と飛行タイプの二種。
陸戦兵/レンジャー、ペイルウイング/ウイングダイバーにあたる兵種。
4以前の話なのでレイダーのフェンサーの登場は今のところ不明。
ダイバータイプの兵科はガーターベルト着用と萌え路線をも巻き込む企みか。

従来の巣に加えて柱状の転送装置のような敵のリスポンポイントが出現。
ジャベリンのように降ってきて地面に突き刺さり敵を沸かせる。
沸き方は異次元からのテレポーテーションのようだ。

アイテムドロップ制の確認。
自動回収論争が繰り広げられて久しいが個人的には賛成。

カエルがいる。
前作ドラゴン登場が物議を醸したがあざ笑うようにカエル型の宇宙人のような生物を確認。
武器を持っていて動きはなかなかに俊敏。
バックステップはエルギヌスモーションの流用だろうか。
ヘクトルタイプ?このカエルを元に後のヘクトルが開発されるのかもしれない。
妄想膨らむ新たなフォーリナーの出現だ。

新型タイプのUFOも確認。
拡散型のルクサード状の光線を撃ってくる。
INFでは非常に厄介になりそうな気がする。

プロテウスとベガルタの中間サイズの武器装着ロボットを確認。
ベガルタの機動力を搭載したプロテウスのような歩行マシン。
2025年にないことを考えると何かしらの弱点欠点を持っていそうだ。

輸送船内部からヒャッハーダイブするシーンあり。自作ではバグ無しで侵入できるのかもしれない。

マザー復刻版のようなものを確認。
輸送機のようだが2で出現したタイプに酷似している。ジェノサイド系の攻撃がきそう。

短いPVだがこれだけのことが読み取れた。
まだまだ開発段階なので今後更に追加要素等わかってくるだろう。続報を待とう。

地球防衛軍ファンとしては新作のリリースが確定しただけで万々歳。来年が楽しみです。

P.S
地球防衛軍LINEスタンプもきてました。
クリエイターズスタンプより。
これも待ち侘びていたので素直に嬉しい。
新しい情報が入り次第記事にてお知らせする予定です。


ついに地球防衛軍5の発売日が発表されたぞ!12月7日に新たな戦いが始まる!
各自店舗ごとの特典武器を吟味して戦いに備えよう

Amazon - 初回限定『コンバットフレームニクスゴールドコート』



D3 Web Shop限定 - レンジャー・エアレイダー何れかの『歌って踊るピュアデコイ・ランチャー』・『コンバットフレームニクスゴールドコート』

【PS4】地球防衛軍5

GEO限定 - ウイングダイバー専用「スターバースト」

ダウンロード版 PlayStation Store限定予約特典 - ウイングダイバー専用「ヴォルケイニア・クラッカー」

ダウンロード版 PlayStation Store限定デジタル プレミアム エディション - 『コンバットフレームニクスゴールドコート』『ピュアデコイ(ペイルウイング)』『ヴォルケイニア・クラッカー』

とりあえずピュアデコイランチャーを抑えておいて損はないだろう。それでは発売日に戦場で会おう!