LINEの昆虫グループのクワガタ採集合宿に参加してきました。

3月頃に立ち上がった企画で、採集地は我が地元京都。キャンプ含めて親睦を深めるオフ会的な催しですが、採集案内人として参加させていただくことに。
関東からの二名を含め、合計五人の昆虫好きが集まりました。

計二日間の日程ですが、初日は仕事の為私は夕方から合流。他のメンバーは先にキャンプ場入りする段取りです。
仕事が終わって早速合流。初めましての挨拶もそこそこに、先ずは腹ごしらえのBBQ。
私が到着する前に既にヒラタクワガタ含め収穫があったようで、ケースには昆虫たちが納められていました。
ポイントを伝えてなかったのにキャンプ場内の採集ポイントへ辿り着いていたのは流石の一言。

暗くなる頃にBBQを切り上げ夜の部の採集へ。
この日は動画で頻出するポイント含め、オオクワガタの採集実績のあるポイントを二箇所まわりました。
最年少15歳の未成年を含むため、22時半までと時限付きの採集です。そのため本命のオオクワガタは不発、採集自体久しい為成果は芳しくありませんでした。樹液は申し分ないのですが、クワガタたちの気配が少ないですねこの時期は。収穫はこちら。

image


切り上げて市内の銭湯で汗を流し、キャンプ場のテントで野営。
帰ってからも未成年組みはキャンプ場敷地内で蛇の採集に精を出していたようで、幼き頃の採集への情熱を思い出させてくれました。

翌日。
朝からBBQ。置いておいた備品や食材がカラスに荒らされ朝っぱらから阿鼻叫喚。
荷物を纏めて昼の部の採集へ。この日の採集可能時間は二時間。寄り道一箇所、そこからはポイントを一つに絞って時間ギリギリまで歩き回りました。この日もクワガタたちの姿は少なく、最後に何とかミヤマクワガタを捕まえられたにとどまりました。
関東ではミヤマが採れないらしく喜んでもらえたので救われましたが、7月に比べるとやはりクワガタの姿が少ないように感じました。

楽しい採集時間もあっと言う間に終わり、採集合宿は終了。15時にお開きとなりました。
時間がもう少し取れれば、8月でも蹴ればミヤマが落ちてくるポイントに案内できたのでその点は心残りですが、採集自体は楽しんでもらえたようで一安心。

image


普段単独採集が殆どですが、たまにはこのような同じ情熱を持った人たちと採集に行くのも楽しいですね。遠方からの参加者ばかりの中、ポンと参加だけさせてもらった形ですが楽しい時間を過ごさせて頂きました。
継続企画にしようとのことなので、また来年に期待。参加者の皆さんお疲れさまでした。

クワガタ採集シーズンもいよいよ折り返し地点を過ぎました。
暑さも一段と増し、採集の機会も減っていくと思われます。
現在思うところがありYouTubeのクワガタ採集動画の更新を停止しています。
週末からいよいよお盆休み。今年こそネブトクワガタ採集を実現したいですね。


奮闘記管理人著
クワガタ電子書籍Kindlekにて配信中






紙書籍ペーパーバック版『知られざるオオクワガタ』Amazonにて販売中