ローレルクラブのローレルメーゼ(ルナースフィアの14)に出資しました。
1年に1頭と決めている為2016年度はこの馬に決定。

父 スマートファルコン
母父 ジェイドロバリー
母母父 リアルシャダイ

決め手は馬体と顔、そして新種牡馬の初年度産駒という点。
馬体の点ではエルトベーレの14が一押しだったのですが、満口になった為しばらく様子見をしてました。
結果、生長分でエルトベーレ産駒にも劣らずガチムチ娘となったローレルメーゼに決定。
イチョウのような星のマークがトレードマークの女の子。
そういえば、初めての牝馬ですね。
ダート血統ですのでおそらくダート馬でしょう。
ゴーストノートのおかげでダート路線の楽しさを再認識出来たので、長く楽しめる馬になってほしいものですね。

そのゴーストノートは昨日出走。
全走と同じ東京D2100に1番人気で出走し3着でした。
大外枠で前走同様に殿追走でしたが、エンジンかかるのが遅く直線向いた時点で後方2〜3番手の位置取り。
足余しで差しきれなかったというレース内容でした。
なかなかうまいことレース運びが出来ず苦戦してますが、能力はあるので展開次第でそのうち勝てそうです。

しかしこういう馬は面白くて良いですね。
ズブい大型のダート晩成馬。
能力はあるもなかなか勝ち上がれず。
このような期待値を持ってワクワクしながら応援できる馬が、一口馬主をやるには出資者孝行な馬だと思います。
二桁続きで見せ場もないと出走へのドキドキ感も半減しますしね。

結果は出せていませんが、経過で出資額分十分に楽しませて貰っています。

キャノンプレートもデビュー時はワクワクさせてくれた1頭です。
去勢してから体調管理がうまくいってませんが、早く戻ってきてほしいものですね。

個人的に一口馬主は道楽でやっていますので、結果にはそれ程拘りません。
ローレルメーゼも一癖ある面白い馬になってくれればいうことなしです。
早期入厩の可能性もあるので楽しみです。

スマファルの初年度産駒です。
初年度産駒はくじ引きみたいなものなので出走を待ちましょう。