帰厩してきたゴーストノートが早速出走しました。

東京D2100、2枠4番での出走。
直線の長い東京でエンジン掛かりの遅い馬ですので距離延長は歓迎。
馬体も休み明けにも関わらず前走-14キロと絞れており、条件体調共にベストな状態でベストなレースへの出走となりました。

二番人気での出走。
レース発走。いつも通りスタート後殿に控えるゴーストノート。
殿追走〜向こう正面で一気に大外からまくっていき3角で先頭集団に並ぶ勢い。
向こう正面では先頭に並びかけるも外目をまわる為、直線を向いて4.5番手のポジション。

ジリジリと伸びていくも逃げた馬を捉えききれず2着まで。
勝ち馬は圧倒的1番人気で内枠発走〜終始経済コースを楽に逃げる競馬だった為流石に捕まえられませんでたが、府中ダートで殿大まくりで2着までこられたのでまずまずでしょう。

しかし不器用な馬ですね。
大型馬且つ大跳びなので最後方からの極端な競馬しかできず、捲ってきたスピードがコーナリングでころされる為直線あと一歩届かずという競馬が続いています。

しかしこのような極端な競馬ながらもダート転戦後5着・3着・2着と着実に成績を上げており力があることは証明しています。
中一週で同条件の東京D2100へ出走とのことで、展開がハマれば勝ち上がってくれるでしょう。

以下ローレルクラブHPより。

柴田(大)騎手「自分から動いて勝ちに行ったのですが、今日は相手が悪かったと言うしかないですね」

和田(雄)師「勝ち馬は前で楽に行ってましたからね。途中から動いて行って力は出せましたから、直ぐにチャンスは来ますよ。上がりで問題なければ中1週で同じ条件に行きたいと思います」

ミホノブルボンを彷彿とさせる走りをする馬ですので、一度前目の競馬もみてみたいですね。
これまで大外でかなりの距離をロスしてますので出足がついてこれば面白そうです。

キャノンプレートは外厩調整が続きます。
こちらも力はこんなものではないはず。
去勢後まだ出走できていませんが変わり身があることに期待。

以上、愛馬近況でした。