2016年4月から参入したストックフォト動画。

image


4K映像を武器にトップを取ると意気込んでから5日経ち、早くも最初の壁にぶつかりました。世の中そう甘くはない。

先ずは現況の報告を。
shutterstockですが、movの4Kしか受け付けていないと書いていました。
しかし時間を置いて確認したところ、XAVC-S形式のMP4 4Kファイルも反映されていました。

PIXTA用に作成したmovのクリップを全て削除しXAVC-Sで上げ直し。
現在申請待ちです。
試しに送った写真は結果が来ているので、シャッターストックに関しては動画の方が時間がかかるようです。

PIXTAは写真動画共に審査中で動きなし。
FotoliaとMotionElementsはレスポンスが早く着々と販売数が増加。

さて、販売開始から5日目ですが先ずは手厳しい洗礼を受ける羽目に。

フォトストック参入第一の壁。
販売クリップが閲覧されない。

予想通り早速壁にぶち当たりました。
ストックフォト参入にあたり、クオリティの高いクリップを出していけば売れるとの見通しでした。
売れる為にはクリップを観て吟味してもらうという行程を踏みますが、観てもらえないことには話になりません。

5日で30クリップほど上げましたが、どれも閲覧数は一桁。
長年YouTubeで複数チャンネルを運営していています。
アップロードした翌日には1000再生されていることも少なくなく、この感覚が染みついているとこれは辛いですね。 
まあ、YouTubeに今から新規参入しても同じく一桁再生からになるので、この辺りは自分のモチベーションを保っていく必要がありそうです。

ストックフォト業界は新米で手探りの状態ですので、タグや検索アルゴリズムの勉強も並行して進めていく必要がありそうです。
チラッとググってみたところ、古くからのディストリビューターの素材が上位表示されるとの見解もチラホラ。
やはりコツコツと積みあげていくしかなさそうです。

まずは少しでも多くの人に観てもらう為、無料で公開できるMotionElementsでいくつかのクリップを無料開放しています。



先行投資として当面MotionElementでは意識的に無料配布を織り交ぜていく予定。

以上、フォトストック動画参入5日目の所感でした。
こういうのは積み重ねというのはわかっているので、コツコツのんびりとやっていこうと思います。
まずは1本売れるのを目標に。

尚、今後も連載企画の【4Kストックビデオ奮闘記】としてシリーズ化して配信していく予定です。





shutterstock登録はコチラ↑

ポートフォリオ
http://www.shutterstock.com/g/Yosuke+Saito?rid=4159351

次回は効率化のお話。
4Kファイルという重い素材を如何に効率良くアップロードしていくかという話に焦点をあてたいと思います。

にほんブログ村 写真ブログ ストックフォト・写真素材へ
にほんブログ村