ゴーストノートがデビューしました。

東京芝1800、連続除外となり想定から1ヶ月遅れでのデビュー。結果は10着。

調教もまだまだで出走体重はなんと550kg。
トレセン時は530kgなので絞れたところか大増量中。
レースもスタートから出足がつかずズルズルと後方へ下がり道中まくっていくも直線伸びずにそのままゴール。
まわってきただけとなりましたが、まずは無事に新馬戦を迎えられホッとしています。

まだまだこれからですが、バリバリのダート血統ということと遅生まれの大型馬ということを差し引けば上々のデビュー戦だったと思います。

次走はダート想定とのことですが、少し間を開けて鍛え直す方が良いですね。
じっくり絞ってからダートへとすすめてもらいたいものです。


キャノンプレートは去勢するとのこと。
前走、初1400ながら持ったままで直線までまくっていってのヤラズ発動。
能力はあるだけにと、気の悪ささえ治れば期待できるとの判断での去勢のようです。

種牡馬への道は経たれましたが、次走はセン馬としての第二の競走馬馬生のスタートです。
少し大人しくなってもらって結果に繋げて欲しいものですね。

以上、愛馬近況でした。