この度、個人事業主として開業しました。

話題のYouTuberや各種配信、アフィリエイト、オークションといった誰でも手軽に所得を得る事ができるようになった昨今、手軽さ故に知らず知らずのうちに脱税していたなんてことも起こりうるようになりました。
もちろんその場合、知らなかったではすまされず脱税で逮捕されたり高額な追加徴税を納める羽目になります。

そのあたりのことも含めて、一個人が個人事業主として事業化して健全に所得を得る方法をまとめておきます。

先ずは個人事業主として開業することになった経由を。

理由は単純です。
普段はしがない雇われのサラリーマンをしていますが、YouTube等の雑所得と言われる収入が20万円という控除の枠を越えた為。

所謂サラリーマンといわれる給与所得者が、給与以外で20万円以上の所得を得た場合、確定申告で申告し納税する義務が発生します。
1つ落とし穴があって、これらは個人事業主として開業するしないに関わらず全ての国民に当てはまります。
つまり、サラリーマンでYouTube等で得た所得(収入−経費)が20万円を越えた人→月額2万円以上を稼いでいる人は申告し納税する必要が出てきます。
※学生や専業主婦等は38万円以上。

個人事業主になった場合、所得を得る為に費やした費用を経費として扱えるようになる為、今回どうせ申告して納税するならと個人事業主として開業することにしました。

後で詳しく書きますが、よく個人事業主として開業した場合のデメリットに面倒な複式簿記での青色確定申告があげられます。
これはお金の流れを逐一帳簿付けして管理しなければならないのですが、このことが自分にとっては寧ろメリットとなると感じたので今回開業に踏み切りました。

と言うのもここ数年、実は微妙なラインの雑所得を得ていた為、きちっと管理して雑所得内に収まってますよ!と証明できる手段が必要でした。
雑所得も収入から経費を引いた額になります。
4Kカメラ等を経費扱いにした場合は余裕で20万円の枠におさまるのですが、収入額だけ見た場合は越えてしまっているようにみえます。
一応レシート等は保管していましたが、どこか頭の中でもやもやするものがありました。

こういったもやもやを解消できるのが、なんとびっくり複式簿記でした。
これは収入、これは経費ときちんと記載して証明することができるのですね。
なので自分の場合はデメリットというより寧ろメリットに。
そんな経緯で個人事業主になることに決めました。

まあ今年は、記事にも書いたように某大手会社の依頼で制作した映像の報酬だけで雑所得枠を越えてしまったというのもありますが。

ということで毎度ながら前置きが長くなりましたが、ここからは個人事業主とはやんぞや?ということと開業に必要な手続き等具体的に書いていきたいと思います。

まず個人事業主とは。

所謂自営業です。
事業だの開業だのちょっと身構えるような言葉が多いのですが、法人登録して会社として起業することとは全く違います。

要は私は自分自身でお金を稼いで納税しますよ、と宣言することです。
法人として起業した場合、登記だの組合だの保険だの難しい話しになりますが、個人事業主の場合はこれといって難しい手続きはありません。

メリットとしては先にあげたように経費として差し引けるので結果的に節税が出来ます。
例えば、前述した映像制作の件の場合→その映像を撮りに行くためのガソリン代や高速代、駐車場代を交通費として、店舗取材の為に使用した喫茶店代を交際費として計上し経費として控除できるようになります。
そして青色確定申告をした場合、65万円の控除の恩恵が受けられます。

デメリットとしては、前述した小難しい複式簿記での帳簿付けと青色確定申告。
兼業とした場合失業保険が受けられない。
ローンが組めない。等でしょうか。
これらもサラリーマンとの兼業とした場合は特に問題ないでしょう。
青色確定申告は会計ソフトで多少は簡単にできますが、経理についての勉強は必要になりそうです。

これらのことを踏まえて、雑所得が控除枠を越えた人はそのまま白色確定申告で申告だけして納税するのか→個人事業主として開業するのかを選ぶことになります。
個人的には会社が副業禁止でない場合は開業しておいた方がいいと思います。
これから先、もしかしたらより多くの収入を得て法人化してバリバリやっていく可能性も万に一つはあるのでね。

ここからは個人事業主になるための具体的な手続きの方法です。

一個人が個人事業主になるために必要なことは、実は2つだけです。
個人事業の開廃等届出書と青色申告承認申請書を税務署に提出するだけ。たったこれだけ。
これら2つの書類も、私はこういった手段で収入を得て納税しますよ、その為には青色申告を使って申告するのでよろしく!という宣言みたいなものなので、審査等もなく基本的に即日受理されます。
税務署にいって書類二枚を提出すれば、その時点で晴れて個人事業主です。
開業の為の費用はかかりません。

さっそく管轄の税務署に行って来ましたが、受付のおばちゃんが控えにハンコ押してくれて終了。約2分で開業手続きが完了しました。
これで晴れて個人事業主に。

行政的な手続きは以上ですが、実際開業するにあたっては少し準備が必要です。

まずは屋号を考えましょう。
屋号とはお店の名前みたいなものでほぼ自由に付けられます。
屋号をつけることによって、屋号名義で口座や各種書類の手続きができるようになります。

スター制作
image


これが今回登録した屋号です。
映像や音楽等、何かを1から作りあげることをしたいという想いを込めました。

屋号をつけたら事業用の口座とクレジットカードを作ります。
帳簿付けは会計ソフトを使うのがいいです。





私はこちらの弥生の青色申告オンラインを使用することにしました。
クラウド型なのでPCのHDDがぶっ飛んでも安心です。



その他各種伝票、屋号名義の名刺も作っておきましょう。
屋号を入れた印鑑も領収書の発行等に必要です。
代表者印、角印、住所等記載のゴム印を作りました。

それからネット関係の整備。
ホームページやブログの開設。
独自ドメインとメールアドレスの準備等。

ちなみに、開業にかかった費用(上の名刺や印鑑代等)は開業費として計上できるので領収書等控えておきます。

後は日々の帳簿付けさえこなせれば半人前の個人事業主としてスタートできるでしょう。

ただ、事業化したといっても個人的にはこれまでのスタンスを変えるつもりはありません。
稼いでやろうという気は皆無。
趣味の範囲で、ぼちぼちと。
たふん、営業してる時間があるなら地球防衛軍をやっていると思います。
イベント開く段取りやってる暇あるならチャリ旅にでも出ようかとなります。
そのチャリ旅の様子を撮影してYouTubeに投稿して収益を得る。
このスタンスが気楽で1番。
帳簿だけはつけないといけませんが。

そんな緩ーい感じでやるつもりです。
間違ってもこれ1本でやるのはやめておいた方がいいでしょう。
いつも通り最後はぐだぐだになりましたが、以上が個人事業主とはなんぞや、ということについてのまとめ記事になります。
これから参入予定の方はご参考にどうぞ。