キャノンプレートが中京二日目、9R 芝2000Mの美濃特別に出走しました。

結果は4着。
前走と同じ結果でしたが、今回は収穫ありのレース内容でした。

先週末の時点では中京一日目のマイル戦の御在所特別とダブル登録されていました。
前走芝1800の走りを観ていても、少し長いかな?と感じていましたがあえて2000を使ってきました。
昆調教師も今後の選択肢を増やす為の2000とコメントしていたので、今回は試しの一戦。

今週末は前日から雨続きで重馬場に。
ベタ爪なので良馬場で!と以前から事あるごとに言われてきましたがここにきて初めての重馬場経験。
普段なら不安材料にしかなりませんが、ここは逆にチャンス。

初距離、初重馬場でどこまでやれるのか。
前走先着された同じ3歳馬、前走先着した古馬、新馬戦で負かされた相手、格上の古馬等力をはかれそうな好メンバーにも恵まれました。
鞍上も岩田騎手に乗り替わり。ヨレ癖をどう対処するのかも見ものです。

そんなこんなで発走時刻。
今回初めてテレビ観戦しました。

スタートの出はよく外枠ながらも先頭集団に。
前走は外で溜めて後方待機でしたが、今回は4.5番手辺りの好位を追走。
向こう正面で人気のヒップレボルシオンが一気にまくって上がって行きましたが、ここであえて抑えて仕掛けを遅らせる形に。この辺りは流石トップジョッキー。
徐々に押し上げて3角を3番手でいい感じにまわってきて直線へ。
前も詰まらずこれ以上ない良い展開。
直線はジリジリと伸びましたが、外から来たシャッターチャンスとアドマイヤガストにあっさりかわされ、早仕掛けしたヒップレボルシオンも捉えきれずの4着。

シャッターチャンスは前走先着され、勝ち馬のアドマイヤガストは新馬戦で負けた相手。
やはり現段階では力負けの完敗。
しかし初2000、重馬場でこれだけやれたのは大収穫。
まわってくるだけも十分あり得たレースだったので、勝ち負けまで持って行けたのは今後に繋がる内容でした。

前走は溜めて外まわして伸びきれず。
今回は前を行く馬を捉えきれず外から差されたことから、瞬発タイプではなく長い足を使えるタイプでしょう。
次は中山、阪神あたりで逃がしてみるのも面白いかもしれません。
元々怖がりでチークピーシーズも手放せないので案外はまるかもしれませんね。
ここまで6戦して直線伸びきれず、垂れたことはないので試す価値はありそうです。

何にせよ、負けはしましたが次に繋がるいいレースができました。
春3つ続けて使ったのでここらで一息入れてほしいところ。
怪我なく走れたのでゆっくりいきましょう。

※追記 7月8日

3つ使ったので休養かと思いましたが続投のようです。以下ローレルHPより。

7月25日(土)中京12R・3歳以上500万下・芝1600mに福永祐一で出走を予定しています。
レース後の上がりの状態に特に変わりありません。
昆師「重馬場が全くダメだったら放牧を考えていたけれど、こなしてくれたからね。今調子が良いようだし、できれば暑くなる前にもう1つ勝たせておきたい。2000でも守備範囲だと思うけど、より確実性を求めるなら1600かな。ジョッキーも押さえられたし、使うとしたら中2週でと考えている」

それにしても屋根の質が贅沢すぎる。
藤田騎手→四位騎手→岩田騎手→福永騎手とまるでG1馬のような鞍上。
次は適性のマイルということで言い訳も効かないので結果を残してほしいですね。