蛍の季節になりました。

2015年5月31日。
毎年恒例となりつつある亀岡市西別院町犬甘野へホタル乱舞の撮影に出掛けました。

例年ならもう乱舞がはじまっている時期ですが、今年はやけに数が少ない。
発生が遅れているのか?と思ったのですが、1番の乱舞スポット周辺が護岸工事で整備されているのを発見。
蛍の発生源となる葦が根こそぎ抜かれてコンクリが打ち込まれてました。

そして、雑誌やTV、SNSやブログ等の影響からか、異常な数の人がホタルの乱舞を観ようと押しかけてきていました。
例年のピーク時の倍以上の車と人がきていましたね。
このポイントはもうダメですね。
護岸工事と人だかりで風情もなにもあったもんじゃないです。
数十匹の蛍が申し訳程度に舞っていましたが、写真も撮らずにそそくさと退散。
ここにホタルを観に来ることはもうないでしょう。

当ブログでも2年ほど前から場所のヒントを掲載していたので、原因の一因になってしまったのかなと反省しています。
例年ホタルの時期になるとホタル記事へのアクセスが急増していました。

ここ数年、マナーの悪い人が増えました。
大声ではしゃぐ家族連れ、ライトで照らす人、網でホタルを根こそぎ捕まえて持って帰ろうとする人。
帰り際、土手にホタル園と書かれた杭が打ち込んであるのを発見。
ああ、観光地化されてしまったのだなと納得。

都会でホタルが観れない人が観に来るのには良い場所ですが、自然のままのホタルの乱舞を観ることは難しくなったように感じます。
検索で調べてこれからここへホタルを観に行かれる方は留意しておいて下さい。

参考までに去年の記事を貼っておきます。
http://funto-ki.com/archives/51980243.html

こちらにも書きましたが、半径10km以内にまたまだ多くのホタルの乱舞を観られるスポットはありますよ。
昨年クワガタ採集をしていて犬甘野より多くのホタルが乱舞しているのを見つけました。
詳細な場所は控えますが、京都学園大学から徒歩片道一時間程。
駐車スペースもなく、山道は通行止めになっているので徒歩でしかいけない山奥です。
外灯1つ無く、暗闇の中ホタルが乱舞している光景を独り占めできるスポットです。
手軽にいける場所ではありませんが、クワガタ採集兼ねて近々撮影にいければなと思います。

犬甘野のホタルスポットは自分の中では2014年で壊滅です。
クワガタ採集スポット壊滅と同様の寂しさはありますが、これまで素晴らしい光景を観られたことに感謝です。

image


image