キャノンプレートが今日のレースに勝ってようやく未勝利脱出。
一口馬主はじめて二頭目で嬉しい初勝利です。
早期デビューも怪我続きで1月から長いこと放牧に出されてましたが、ようやく勝ち上がってくれました。
これで母ビッグテンビーの産駒全頭勝利の面目も守られましたね。

てっきりマイルを使ってくると思ってましたが、京都5レース芝の1800に出走。
新聞買ってびっくり、ダビスタばりの全部ぐりぐり◎◎◎◎◎

レースは4角まくりの先行抜けだし。
抜けてからよれて失速しましたが、他の馬もよれたりしてたおかげで辛くも半馬身抑えたというレース内容。
スカッとした勝ち方ではありませんでしたが、ヨレたり物見しながらも勝てたことは寧ろ+材料。
これらを克服すれば更に上積みが望めるということです。

先ずは1つ勝てたのでこれで強制引退の脅威はなくなりました。
サンデーの血がやはり濃く受け継がれてるようで、これまでのビッグテンビー産駒の特徴である短距離タイプの馬としてでは括れなさそうです。
これまでの走りをみるとマイルがベストだとは思いますが、マンカフェなのでこれから気性面が成長してくると2000辺りまではいけそうな気がします。

ともあれおめでとう!
しっかり休んで次のステップに進めて欲しいと思います。

と思っていたんですが、なんと連闘で来週の特別レース『白藤賞』に登録されてました。
今日のレースはせっかくの京都開催でしたが、ちょうどバンドのスタジオ練習の時間と重なり惜しくも観戦できませんでした。
来週も走るのであれば京都競馬場まで応援にいきたいと思います。