FFRK無課金プレイ記その4。
今回の追加イベントはFF13の「下界のファルシ」

セリスイベント型で倍々ゲームでメモリーを貯めて景品をゲットする方式。
追加キャラは6000メモリーでヴァニラ。
目玉商品は雷系最強魔法サンダジャ、お値段なんと25万メモリー。
セリスイベでは早々に極大オーブ諦めてプリン狩りしてましたが、今回はサンダジャ狙いにいきます。

ちなみに、前回のFF8のイベントはシュメルケ撃破後、パレードは現状ではクリア不可と判断して華麗にスルー。

先ずは景気つけに貯まったミスリルで11連。

FFRK 虹


!?

FFRK バインドロッド


!?

バインドロッド


おお、これは…
なんと11連1回で☆5武器4本ゲット!
ヴァニラ専用のバインドロッドに13共鳴のカイザーナックル、斬鉄剣に裁きの杖。
いいんですかこんなに頂いて!?

ここのところガチャ運悪かったのに、一気に無課金のエースへ。
これはサンダジャもろた!!

ということで怖いぐらいの豪運で専用武器引き当てたので今回イベント頑張ります。
超級マスター取りにいきましょう。

先ずは様子見で上級2回程まわしてヴァニラをゲット。
グロウエッグを放り込むと一気にレベル25まで成長。
そして、11連引く前提で貯めてたヒヒイロカネとギルが生きてくる。
バインドロッドとカイザーナックルをMAXまで強化。

超級マスター攻略の戦略を練る為、最初の二日間は上級をまわしてました。
だいたい傾向が見えてきたので戦略の組み立て。

まず、超級は8階層まであるので8連戦確定。
出現する敵はPSICOM特殊戦術士・騎兵クリーガ・ガスト・ワイト・重攻撃騎マナスヴィン・ベヒーモス改・そしてファルシ=アニマ。

上級周回した感じ、注意すべきはマナスヴィンの全体攻撃『波動砲』とベヒーモス改の全体『ひっかく』単体『しゃくりあげ』
クリーガの行動評価がシビア

そして大boss扱いで8戦目確定のファルシ=アニマ
こいつが兎に角厄介で、物理魔法問わずこちらの攻撃全てにカウンターを放ってきます。
おまけにHPが減ると触手×2が連携して強力な全体共鳴魔法を連発してきます。

カウンター封じとしては『かまえる作戦』が有効です。

かまえる作戦とは- 物理カウンターのかまえるを発動後、他のキャラがかまえたキャラを攻撃すると敵に反射してダメージ。
従来のリフレクカウンターと同じでこれをするとカウンター封じになります。
更に、カウンターダメージはかまえたキャラの攻撃力依存。
白魔など物理攻撃が低いキャラでもパーティー内で一番攻撃力が高いキャラのダメージが出せます。
つまり『アーマーブレイク』をかけた敵に『おうえん』をかけたキャラが『かまえる』を使い、『連続斬り』でかまえるカウンターを連発するとほぼ完封可能ということです。

このかまえる作戦、戦術としてはたいへん優秀なんですが如何せんこれ一辺倒になりがち。
ほぼ全ての敵に有効ですのでこれさえあればファルシ=アニマも完封できるでしょう。

しかーし。
神様が一足早いクリスマスプレゼントとして☆5武器4つもくれたので今回はかまえる作戦は封印。
正攻法で超級マスター取りにいきましょう!

ぶっちゃけ全戦バニシュデスでクリアしてもつまらんもの。

とは言え、かまえるなしだと一気に難易度が跳ね上がります。
無課金故、貧弱な防具で如何にカウンターに耐えれるかが勝負どころになりそう。

これはFF6の低レベルクリアよろしく、ガチガチに戦略固めて挑まなくては。

上級10周程まわして勉強。

どうやら敵の出現パターンにはテーブルがあるらしく、ファルシ=アニマ最終固定+敵6種がランダムで出現。残り1枠はランダムで埋まる模様。
8連戦なので7種のうちどれかが1つかぶることになりますが、ファルシ=アニマのかぶりは避けたいところ。
というかアニマ2回来たら超級マスターは無理くさい。

回避策としては、1、2戦目でかぶりを引いてしまうこと。
こうすることで以降のかぶりがなくなり、ファルシ=アニマとは一度だけ戦えばよいことになります。

次に問題となるのはアビリティの枯渇。
8連戦なのでアビリティ精錬していても息切れします。
ファルシ=アニマ戦のみミスリルでの回復を予定、残り7戦は回復なしで乗り切らなくてはなりません。
何故なら11連引いて残りミスリルが一つだからorz

対策として、レベルアップによる回復を計算に入れます。
グロウエッグでスノウとヴァニラが2戦目後にレベルアップするように調整。- 残り4000前後
(他のメンバーはカンストの為レベルアップ回復不可)

最初の2戦でかぶりをひいて、且つ残り5戦を乗り切るには初戦でアビリティ消費が大きい敵をスノウとヴァニラで倒す必要があります。

そうなると初戦マナスヴィンかベヒーモス改どちらかになりますが、ベヒーモスとは2回やりたくないのでマナスヴィン連戦のテーブルでやることにします。

パーティーはこちら。

1.ティナ
image


魔力特化。エンハンスソード、クエイク強化に大地の衣。前回頑張って取った天使の羽。
クエイクは2体出現のワイト対策。
サンダガはメモリー報酬のを精錬。


2.クラウド
image


攻撃特化。ダンジューロ。サンダー剣
パワーブレイクが精錬できなかったのが痛い。

3.スノウ
image


共鳴重複でムキムキに。カイザーナックル、パワーリスト重式。
アーマーブレイクとメンタルブレイク。

4.ヴァニラ
image


魔力特化。共鳴とバインドロッドで魔力上昇。
レベルが低いのでバラム制服で防御補強。
バインドロッドの必殺技・デプロガではなくデシェルを装備。

5.レナ
image


精神特化回復専門。ヒヒイロ不足で裁きの杖は未強化。ケアルダ(10) ケアルガ(4)
全体リジェネがアニマ攻略のキー。

いざ出陣!

先ずは出入りを繰り返してマナスヴィン連戦のテーブルを引く。

重攻撃騎マナスヴィン戦- アーマーブレイクで5000ダメ、サンダガ×2でカンスト×2+サンダー剣→メンタルブレイクで撃破。
波動砲は一度食らいましたがそれほど痛くはない。

マナスヴィン連戦こなして予定通りレベルアップでスノウ、ヴァニラのアビリティ回復。

3戦目-PSICOM特殊戦術士戦- 雑魚、適当に撃破。

4戦目-ガスト戦-雑魚、適当に撃破。

5戦目-騎兵クリーガ戦- こいつは上級やった感じ2発で沈めなければ行動評価減点。
メンタルブレイク→サンダガ→サンダガ→アーマーブレイクで撃破もGood評価。

6戦目-ベヒーモス戦- 開幕パワーブレイクかけてサンダガ×2、アーマーブレイク→サンダー剣→サンダガで撃破。レナは毎ターンケアルダ。

7戦目-ワイト戦-2体出現、クエイクでワンパン。

ここまでクリーガのみGoodでそれ以外はパーフェクトのexcellent。

image


8戦目-ファルシ=アニマ戦-必殺ゲージためながらわざと全滅してミスリル砕いて全回復。

image


いざ勝負!!

開幕本体にパワーブレイク→レナの全体リジェネ。
間髪入れずヴァニラのデシェル→ティナがトランス・ファイラ。
ヴァニラ専用必殺のデプロガではなく敢えてデシェルを装備させたのはこの為。
デプロガは全体攻撃+防御力ダウン、デシェルは全体攻撃+魔法防御ダウン。
ちなみにエンハンスなしでもクエイクでいけます。
メンタルブレイクとサンダー剣集中で触手片方を消す。
触手を両方消した場合、本体のカウンターが解除されるんですがすぐに復活してしまいます。
片方残すと復活なし。
なので片方はパワーブレイクをかけて残しておきます。

こうなると勝ち確定。
スノウ、リジェネガードからレナで全体リジェネ張り直し→以降は毎ターン回復しつつ本体適当に殴ってれば終了です。
パーフェクトスコアで撃破。

image



image


かまえるなしで超級マスター完了!
というか、マスター取るならかまえるなしの方がたぶん早い。
以降、周回するならアビリティ節約にかまえる作戦の方がミスリル砕かずにいけそうですが。

image


報酬メモリーも一周で32294と太っ腹。
超級うまうまですが、疲れるのでサブパーティーでまったり上級まわしてサンダジャ取ることにします。

メモリーストーン


半分貯まったので余裕でいけるでしょう。
ということで『下界のファルシ』イベント、無課金かまえるなしで超級マスター達成です。
今回ガチャ引き運が強かったのが全て。
☆5引いてなければ前回パレード同様投げてたか、かまえる作戦に逃げてたと思います。

一足早いクリスマスプレゼントに感謝。
あとはまったりサンダジャ取ろう。
以上、FFRK無課金プレイ記4でした。

※追記 2014/12/12
超級2周目行ってきました。
既にマスター取ってるので、気楽にいったらレベル調整なしミスリル回復なしノーコンテニューでマスター余裕でした。
雑魚戦でアビリティ温存しとけばなんとかいけますね。
ちなみにデシェル→デプロガに変更したところ、全体ダメが1200→6000となってデプロガ→トランス・ファイラで触手×2本蒸発しました。
カウンター解除されてる間に本体叩いて、触手復活後も残りアビリティ本体全力でクリアです。

初回のアレンジパターンということで。

これでメモリー20万突破。
あと1回超級まわしてあとはのんびりサンダジャ取ろう。

※追記 2014/12/13
終了!
image