登山記第四段。
兵庫県の中山連山〜北摂大峰山へ武田尾廃線と山紅葉を観に行ってきました。

武田尾廃線 紅葉


地元から武田尾廃線のある生瀬までは車で約1時間。
前日に一緒にバリに行ったツアーメイトと久しぶりに会うため大阪入りしていたので、現地へは電車で向かうことに。
電車で向かうとなると、京都駅経由で大回りするので2時間半程かかります。

朝9時にJR生瀬駅に到着。
飲みすぎと寝不足で頭が痛い。

前日は大阪のホテルにでも泊まっていくつもりでしたが、京都の紅葉の影響を受けてかカプセルホテル含めどこも満室。
大阪だけでなく神戸や大津まで全滅とのこと。
こりゃ京都の紅葉シーズンは戦争やなどこも。
仕方なくインターネットカフェで仮眠をとることに。

生瀬から武田尾のJR旧線へ。
武田尾廃線は有名なハイキングコースと化しているようで多くのハイキング客で賑わっていました。

武田尾廃線


トンネルや橋架も当時のまま。
ちなみにトンネル内は外灯はなく真っ暗なのでライトは必需です。

武田尾 トンネル


いくつか目かのトンネルを抜けるともみじ道へ。
ちょうど見頃でした。
この日は天気もよく、青空と渓谷と山紅葉の共演を楽しむことができました。

武田尾 紅葉


武田尾 紅葉


山紅葉


ここから中山連山〜北摂大峰山を経て中山寺へ抜けるトレイルです。
中山最高峰(478M)、北摂大峰山(552M)。
標高はそれほど高くありませんが、アップダウンを繰り返しながらのコース全長は16キロ程。

中山最高峰


北摂大峰山


秋の山を楽しみながらゆるーく歩ける良いコースでした。17時に下山。
11月下旬にもかかわらず汗ばむぐらいの好条件でした。

北摂大峰山


2014年度の登山行もこれにておしまい。
また来年、来年は少し難易度の高い山にもチャレンジしてみたいですね。










武田尾廃線 紅葉