平安時代、伊勢神宮に仕える未婚の皇女である斎宮は天皇即位の際に占いによって選ばれた。
足掛け三年、野宮で潔斎の日々を送った斎宮は伊勢神宮の神嘗祭に合わせて伊勢に旅立つ。

その伊勢へ向かう斎宮群行と御祓の儀を再現した斎宮行列を見に京都嵐山へ行ってきました。

平安絵巻、源氏物語の世界を現代で見れるとあって毎年人気のこの行事。
去年は雨の中行われましたが、今年は晴天の秋空の下開催されました。

行楽シーズンの嵯峨嵐山界隈は混雑が半端ないので、いつも通りクロスバイクを車に積み込み桂辺りのパーキングを拠点に。
車を乗り捨てて自転車で渡月橋へ。
公園に自転車を停めて渡月橋を渡ると、ちょうど天龍寺辺りまで行列が来ていました。

斎宮行列の再現。



一行はこのあと記念撮影をするため嵐山公園へ。
その間に御祓の儀が行われるポイントへ先回りします。
今年は台風の影響で河岸にフェンスが貼られており、御祓の儀は御内限定とのことでした。
ちょうど真ん前のフェンスの切れ目から撮影できる場所を確保。

まもなく一行が到着。雅楽伴奏での君が代斉唱が行われ御禊の儀が執り行われる。

斎宮行列 御禊の儀


御禊の儀


御祓の儀、御禊奏上。

御禊奏上




斎宮が形代に息を吹きかけ穢れを移す。
それを大堰川に流して身を清める。

形代流し




御禊の儀を終えた一行は伊勢神宮へ旅立つ。

斎宮行列を観るのは初めてでしたが、華やかな平安時代の一片を覗き見できる貴重な催しでした。
天気もよく、紅葉間近の嵐山を満喫して帰りました。

明日は保津の火祭りを見に請田神社へいってきます。こちらも映像レポートできれば

斎宮行列
斎宮行列2014

斎王



[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

伊勢神宮に仕える皇女・斎宮跡 [ 駒田利治 ]
価格:1620円(税込、送料無料)