トレッキングパンツを新調したので、履き心地を確かめるため地元の山を軽く歩いてきました。
京都、亀岡にある行者山〜獨鈷抛山(とこなげ山)へと抜けるルート。
ド地元です。子供の頃によく駆け抜けた山。クワガタ採集でもよく訪れる界隈です。

行者山 亀岡


スタートは京都縦貫道沿いの金岐山ハイキングコースの階段から。
階段を登ると北金岐古墳群があります。
ここは子供の頃によく探検しました。古墳はとても狭く小学生高学年ぐらいになると入れません。
低学年の頃に匍匐前身して内部へ侵入したことがあります。
京都縦貫道を見下ろす形で階段を登り道なりに進むと今度は降りて行きます。
縦貫道の側道に出るのでしばらく道なりに。
橋架の広くなったポイントを斜め左に登って行きます。
木が切られたので晒しますが、この辺りがクワガタのポイント。
去年オオクワガタの♀を採集したのもこの辺りです。

道なりに登っていくと貯水タンクが見えるのでそちらを目指します。
貯水タンク左手が行者山の登山口。
なだらかな登山道がしばらく続くので登ります。
しばらく行くと鳥居が見えてきます。

行者山 ハイキング


この辺りから少し勾配が急になり道も荒れてきます。
大きな岩の下に祠が幾つかあり、山岳信仰の一端が感じとれます。

行者山 登山

少し登ると行者山山頂。標高431メートル。

行者山山頂


山中のポイントで展望は開けてません。ここまで1時間足らずのお気軽ハイキングです。

山頂付近にある案内板の通りとこなげ山に抜けるルートへ。
分岐点が何ヵ所かありますが千手寺の方へ進みます。

獨鈷抛山


道なりにしばらく進むと舗装された林道に出るので左に進むと千手寺です。
少し前に撮影した千手寺。



この辺りの登山道には石英が散らばってます。

行者山 石英


行者山は水晶や桜石の産地。
しかし現在は採集禁止となっているようなので触らないように。
子供の頃はこの辺り一帯を水晶山と呼び、よく水晶の結晶を拾いに行きました。
帰って探したらありました。20年ほど前に見つけた行者山産の水晶です。

行者山 水晶


現在は採集できないので貴重なものかもしれません。

千手寺から道なりに山を下りると大谷鉱山跡地に出ます。
この辺りはタングステンを採掘していた廃鉱山。現在でもその名残を垣間見ることができます。

全行程3時間程のお手軽ハイキングコースです。
来週末に開園する夢コスモス園や彼岸花スポットも近くにあるので、これからの季節におすすめのコースです。