30歳になりました。
人生節目の30歳。もういいおっさんになってしまいましたが、こういう時は何か新しいことを始めるいいきっかけ。

25歳を迎えた時にチャリ旅を始めました。
30までに日本縦断を目標にしてきましたが、27歳の時に海外旅行という横道に逸れてしまい完走は広島〜東京区間にとどまる結果に。
やりたいことが増える程、かけられる時間は少なくなってしまうのは仕方ないこと。
限られた長期休暇を順にまわしながらぼちぼちと色んなことを楽しみたいですね。

さて、30歳になって何を始めるかと考えてみたところ、すぐに思い浮かんだのが登山でした。
こういうのは直感が大切。よし!今年は登山を始めよう。

山頂に向かっての過程(苦行を乗り越えての達成感)を楽しむというのは、チャリ旅とよく似ています。
登山なら元からの趣味である写真や自転車との相性も良さそう。
富士山にただ登るだけでなく、一合目から自転車で登れるところまで登ってあとは登山!みたいな面白い企画もできそうです。

登山をはじめるとして、一番の敷居になるのが登山道具一式の調達。
かなりコストがかかるイメージなので、前々からやってみたいという気はありましたがその面で躊躇していました。

腹を括って調べてみたところ

登山ザック、リュック→チャリ旅で買ったノースフェイスの60リットルザックと誕生日にもらったチャムスのザック(共に本格的な登山バッグ)を所持。

ノースフェイス チャムス


インナーウェア→チャリ用バスケ用が使える。

アウター→普段着が登山スタイル(チャリ乗り用)

レインコート→釣り用に上下セパレートのそこそこ良いものを所持。

ヘッドライト、ハンドライト→釣り用、クワガタ採集用に揃えてある。

登山 ヘッドライト


グローブ→クワガタ採集用に所持。

カメラ→4Kカム、HDカム、一眼レフ、ウェアラブルカメラ何でもありまっせ。

と、ほとんど買わずして揃ってしまっていることが判明。ついでに、登る体力→チャリ旅とバスケ20年で培った資源あり。

これは嬉しい誤算。登山靴さえ準備すれば日帰りクラスの山ならすぐにでも登れそうです。
登山靴は一番大事なものだということはわかるので、これは納得いくものを新調するとします。
といっても、海外旅行でマイルがかなりたまっているのでTポイントに替えて使えば実質コストゼロで登山入門できる模様。

早速近くの登山店でサイズ合わせをしてもらい、その店舗の通販で取り寄せしてもらいました。

選んだのがこれ。

ヴェルベラ ハイカー


THE NORTH FACE VERBERA HIKER I GTX

ノースフェイスのヴェルベラハイカーというゴアテックス素材の登山靴です。
他メーカーの靴も何足か合わしてもらいましたが、土踏まずが深くて足幅が狭い自分の足にはこの靴がぴったりでした。

VERBERA HIKER
ヴェルベラハイカー
THE NORTH FACE トレッキングシューズ
VERBERA HIKER GTX


これで登山の装備が最低限揃いました。
ちょうど木曜日に愛宕山に夜登れる千日参りというイベントがあります。
愛宕山登りで登山デビューの予定です。

その次は京都2番目の山、峰床山に登るプランを立てています。
皆子山には八丁平という関西有数の高層湿原があり、こちらのブナ帯でアカアシクワガタが見れるらしいので撮影兼ねて。

30歳からの登山。
新しいカテゴリーを設けて、登山記として登った山の記録も今後記していきたいと思います。

とりあえず木曜日、愛宕山にチャレンジしてきます。