奈良県と三重県の県境にある曽爾高原はススキの名所。
ずーっと前から一面のススキビューを見に行きたかったのですが、奈良三重県境というロケーション的に踏ん切りがつかず二年ほど足踏みしてました。
この辺りは一度青山メナードに来たことがあるのと、チャリ旅で鈴鹿越えの時に通過したことがあるのですが一言でいうとまさに魔境。
島根や高知の秘境と並ぶ人里離れた未開の地。

ススキ野原の夕焼けを撮るには、どうしても夜の魔境ドライブが避けられないので二の足を踏んでました。
流石にあのあたりを夜に一人で走りたくない。
しかしたまたま奈良県へ行く用事があったので、今しかないと満を持して行ってきました。

奈良公園から名阪国道をひた走ること二時間。
ようやく曽爾高原に到着。

曽爾高原 2013


ススキも見頃で広大な自然の大地が広がっています。



曽爾高原 2013


ひととおり写真を撮り、沈む夕日を見送ってから曽爾村をあとにしました。
これから10月中頃にかけてまだまだススキがみられるとのこと。
台風の影響が心配でしたが、被害はほとんどなかったようで一安心。
来年もまたこれたらいいですね。
曽爾高原、なかなかええとこでした。

曽爾高原 2013