第55回宝塚記念を観に阪神競馬場へ行ってきました。
またまた友人に来賓席をおさえてもらってたので、ドレスコードで4F来賓馬主席エリアへの立ち入り観戦が可能に。

阪神競馬場


京都競馬場ではレース発走前まで来賓席で過ごし、パドックとレースは下に降りて現地の臨場感を味わうスタイルで観戦していました。
しかし阪神競馬場は構造上スタンド席の高低差がなく、群衆に阻まれレースが全く見えなくなる危険がある為来賓席から観戦することにしました。

宝塚記念2013 パドック


オルフェーヴルの回避によりゴールドシップ、ジェンティルドンナ、フェノーメノの三強対決となった今年の宝塚記念。
どの馬が勝つか、皆目見当もつかない難解なレースの予感。

どの馬を本命にするか決めかねていましたが、時間潰しにターフショップをみている時に神の御告げが舞い降りました。

ショップで300円フィギュアの第二段が発売されていたので何の気なしに買ってみる。
おお、今回はルドルフやブライアンもいるらしい。
これはブライアン狙いで!
いざ開封。チッ、有馬記念のゴールドシップか…。

阪神競馬場を練り歩き、二つ目のターフショップを発見。
うーむ、やはりナリタブライアンがほしい。
もう一度どだけ!ブライアンこい!

…有馬記念、ゴールドシップ。

これは!!
もうね、決まりです。
今日はゴールドシップの日、こういう時は絶対くる。直感ってバカにできん。

ナリタブライアンが出ないのは残念ですが、今年の宝塚記念はゴールドシップで決まりです。
ほら、パドックを見ると入れ込むジェンティルドンナを尻目に気合いオーラ出しまくりなシップ。
競馬初心者の友人に、とりあえずゴールドシップの単勝に1万円ぶち込んどいたらよいよと太鼓判。
結果はご存知の通りゴールドシップの貫禄勝ちです。

ゴールドシップ 単勝


恒例の現地映像をどうぞ。
今回は来賓席からの観戦風景です。



祖父、メジロマックイーンの京都大賞典を彷彿とさせるような強さでした。
オルフェーヴルとの頂上決戦を暮れの有馬記念でみてみたいですね。

この日は阪神競馬場の芝コースがレース終了後に入れたので歩いてきました。
馬ってあんなに荒れてぼこぼこな芝の上を走ってるですね。
想像以上の芝の悪さにびっくりしました。

阪神競馬場 芝コース開放


春競馬もこれにて終了。
秋が楽しみな結果となり、久しぶりにすかっとする宝塚記念をみれて満足な一日でした。


商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。お買い物される際には、必ず商品ページの情報を確認いただきますようお願いいたします。また商品ページが削除された場合は、「最新の情報が表示できませんでした」と表示されます。

有馬記念全軌跡
価格:2899円(税込、送料無料) (2016/9/21時点)