いよいよ今年も紅葉シーズンに突入。
京都には桜に負けず劣らずたくさんの紅葉狩りスポットがあります。

嵐山の嵯峨野界隈〜広沢池〜高雄の三千本紅葉、清水寺等東山〜大原三千院まで。
11月2週目現在では、高雄や三千院といった標高の高いスポットでピークを迎えつつあります。

今回は、京都市内でなく更に北上した亀岡市にある鍬山神社と神蔵寺へ行ってきました。


鍬山神社。

鍬山神社 紅葉


亀岡で最もメジャーなスポットです。
まだ疎らではあるものの、赤くなった木もちらほら。
アクセスもよく500円駐車場もあるので、今週末からは混雑が予想されます。

鍬山神社




神蔵寺。

コチラは地元民でも分かりにくい場所にあります。
集落の細い農道を突き進んだ山中にあるマイナーな極秘スポット。
こちらも疎らですが、この時期は緑、黄、赤と紅葉のグラデーションが楽しめます。

神蔵寺 紅葉


寺内にある寺に覆い被さる程の一際大きな紅葉が、一際真っ赤に色づいていました。

神蔵寺 紅葉


神蔵寺では2012年11月15日から10日間、夜間のライトアップが行われます。
時間は18時〜21時まで。
駐車場はありますが、あまり多くは停められないのでお早めに。

神蔵寺




もう一つのメジャースポットである出雲大神宮。
こちらは上記の場所より標高の高いところにありますが、紅葉は始まったばかりの模様。
行者山〜とこなげ山にあたる金岐山は全体的に色づきはじめ広範囲で紅葉が楽しめそうです。


京都市内はこれからがピーク。
天気がよければクロスバイクで輪行しつつ、各所紅葉巡りをする予定です。