今年はゴールデンウィークをイタリアで過ごし、盆休みには予定があったりで毎年恒例のチャリ旅に出れず終いでした。
日本縦断の旅は浜松〜広島で足踏みしてますが、番外編プチ旅として地元京都の散策に行ってきました。


京都にはローマの教会の数に劣らないぐらいの寺社仏閣や観光名所が点在しています。
が、如何せんアクセスが悪い。
観光シーズンだけでなく週末はどこも混雑しており、公共の交通機関で満足に散策するのは困難。


そんな京都観光には自転車を使ったポタリングがオススメです。


今回は嵯峨嵐山から金閣寺を経由し、北野天満宮までのルートをクロスバイクでまわってみました。
走行距離30キロ、所要時間6時間で15箇所の観光スポットに立ち寄ることができました。
観光地ではレンタルサイクルの貸出もあるので、上手に利用すれば無駄なく京都散策できるかと思います。


詳しく書いておきますので京都へお越しの際は参考にどうぞ。



出発点はJR嵯峨嵐山駅。
松尾大社まで戻って隣接する法輪寺に立ち寄ります。
法輪寺は長い石の階段を登らなくてはならないので、体力が不安な方は回避推奨。
出発早々かなりハードです。

法輪寺


保津川下りの遊船を見下ろしつつ、嵐山のシンボル渡月橋を渡り天龍寺へ。


広大な天龍寺を一通り見終えたら、竹輪の道経由で縁結びで有名な野宮神社に立ち寄ります。
この辺りは人通りが多く道も狭いので自転車を降りて押しましょう。


そのまま清滝方面へ向うと、御髪神社、常寂寺、二尊院の前を通過します。
御髪寺社は池沿いで雰囲気もいいのでオススメです。


清滝街道を北上すると、化野念仏寺と愛宕念仏寺という二つの念仏寺に差し掛かります。


化野念仏寺は空海が無縁仏を供養した場所。
西院(寨)の河原はオカルトな意味で撮影禁止となっていますので、寺内での撮影自体控えた方がいいでしょう。


愛宕念仏寺の方には1200体の羅漢が立ち並んでいます。
こちらは一般参拝者の手作りで供養等ではありません。
こちらの念仏寺は観光客も少なく静かな場所にあるので心安らぐスポットです。



清滝トンネルを越えると愛宕山です。
愛宕神社へは登山となりますので今回は断念。


そこからは福王子神社経由で仁和寺を目指しますが、少し回り道をすれば大覚寺へも立ち寄れます。


仁和寺は仁王門の金剛力士像と五重の塔が有名ですね。
仁和寺から道なりに進むと龍安寺と金閣寺に差し掛かります。
こちらは説明不要ですね。

DSC01618


そのあと少し南下すると平野神社と北野天満宮があります。
北野天満宮は合格祈願で有名な神社。
両方とも広いので迷わないようにしましょう。

以上で京都散策半日コースのチャリ旅は終了です。
京都をたっぷり満喫したい方は是非チャレンジしてみて下さい。


全行程を動画にまとめました。