整理してたら懐かしい物が出てきました。


めんこ。
クワガタムシ図鑑に次いで二番目に大切な幼少時代の宝物です。


めんこ自体は、自分と同世代の人たちにとって決して珍しいものではないだろうと思います。
んでもメジャーなのは所謂丸めんこの方やろね。
駄菓子のおまけで付いてきたやつ。
こっちのめんこは見たことある人も多いんじゃないでしょうか。


通っていた小学校でも丸めんこが主流でした。
しかしなぜか自分の団地で流行ったのが角めんこ。
なんでやろうね、いまだに理由は定かではありません。


今回は、団地内の数十人のみという限られたコミュニティの中で熱烈に流行った角めんこのお話です。


めんこ遊びとは-分類するならカードゲームの類いです。
しかし基本的なカードゲームが数値の駆け引きで勝ち負けを決めるのに対して、めんこは本体を投げつけてひっくり返すというスポーティーな一面を合わせ持ったカードゲームです。


ルールは昔の遊びではお馴染みの御当地ルール。
うちの団地では、ひっくり返したメンコ(裏)を表のメンコに乗せてペアを作ればその二枚を貰えるというルールでした。
まあ総取りなんて極悪なルールもありましたが、所有するめんこ全てを失う可能性もあるので滅多に行われませんでした。
多くのカードゲーム同様、めんこにもそれ自体をコレクションするという楽しみ方がありました。


ガンダムやマリオの絵柄もありましたが、所有する9割以上がドラゴンボールの角めんこでした。
近所の駄菓子屋で12枚200円で売られていたもの。


めんこ遊び自体は単純な遊びですが、これがなかなか奥が深い。
文字におこすより映像の方が分かりやすいと思うのでまずはこちらをどうぞ。



久しぶりに投げましたが、楽しいですね。
しかし子供の頃の遊びって意外にハード。


映像中盤に出てきた新しいめんこと古いめんこの比較ですが、映像では分かりにくいので文字による補足を。


まず、めんこをひっくり返すには直接当てて返す方法と風圧で間接的に返す方法があります。
重なりあっためんこはヒットさせた反動で返せますが、地面に単体で置かれためんこを返すには風圧を利用してやる必要があります。
投げつけためんこが地面に当たった際に発生する風圧を利用するのですが、新品のめんこは固い為地面から跳ね返ってしまい風圧が発生しません。
そこで【修行】と称してめんこを地面に何度も叩きつけ、あえてボロボロにさせます。
子供ながらに凄く理にかなった方法ですよね。


【修行】をしてめんこを【鍛えて】やるのですが、個体差に左右される面が大きく、その大半が途中で剥がれて二枚に解れてしまうのでした。
1日中鍛えためんこも、そのほとんどが実戦で使用される前にあっけない最期を迎えました。
そんな中、何度投げつけてボロボロになってもバラバラにならないめんこに出会い、そいつを鍛えあげ、やがて投げ専用の自分の武器になるのです。


今から思えば、オンラインゲームの武器生産に通じるものがありますね。
時代の最先端を先取りしてたわけです(笑)


残念ながら角めんこの生産は終了してしまい、現在手に入れることは難しくなっています。
たまにオークションに数枚単位で出てますが、ネットで検索しても僅かなコレクターのみが所有している現状です。
まだ1000枚以上持っている自分は、もしかしたら貴重な文化財保有者に含まれるかもしれませんね(笑)


アニメや戦隊ものブームに乗っかれば小さい子供から大人まで、新たなルールを作れば現代風の遊びとして流行りそうな気もします。
玩具メーカーで働くそこのあなた!
もしこの記事を読んだら検討してみてください。


長くなりましたがおしまい。