古いハンディカムで撮影した昔の思い出のホームビデオ。


運動会、七五三、家族旅行に成長の記録、、、
DSC02586



今でこそ簡単にPCに取り込み手軽にデジタル化して保存できるようになりましたが、昔撮ったものはそうはいきません。


ビデオテープという劣化しやすい記録媒体に大切な思い出を残しておくのは少々危険です。


実際何本かカビて再生できませんでした。


PCに取り込んでデジタルファイル化し、DVDに保存してみましょう。


用意するものは以下3点。

・USBビデオキャプチャー
DSC02589

・ビデオデッキ
DSC02587

・VHS-c カセットアダプター
DSC02585


USBキャプチャーは何種類か安価なのが出てるので用意して下さい。


ビデオデッキ。
これが以外と大変、、、地デジ化と共に廃棄してしまったという人はリサイクルショップへGO!


自分は1000円で拾ってきました(笑)


最後にVHS-c カセットアダプター。
DSC02588



ホームビデオに使われていたVHS-cカセットを普通のビデオデッキで再生する為のアダプターです。


これを探すのに苦労しました。


廃盤になっていたりで店頭には置いてないことが多いです。

Amazonで見つけましたが、常に在庫があるわけではないので必要ならお早めに。


PCとビデオデッキをUSBキャプチャーで接続し、キャプチャーソフトで取り込んでいきます。


自分はグラボにバンドルでついてきたpower producerというソフトを使いました。


取り込み作業は、ビデオデッキで再生→キャプチャーソフトで取り込み→録画というアナログな方法です。


デジタルのように8倍速とかで取り込めないので、取り込み時間はテープの時間分かかります。


取り込みが完了すれば各種オーサリングソフトでDVDに焼いて保存しましょう。


以上で思い出ビデオのデジタル化作業は完了です。


アナログ故に時間はかかりますが、大切な思い出が観れなくなる前に保存しておくことをオススメします。


近年ブライダルビデオ等にも頻繁に使われますので、デジタル化しておけば素材としてすぐに使えますね。


取り込み時に全て再生する必要があるので、どうせなら昔の映像を懐古しながら楽しく作業しましょう♪