諦めきれずについに買ってしまった。

DSC00407



完全受注販売で日本に80本程しかないと言われた伝説のAT100。
オークションでは爆騰即売してしまいほぼ手に入れるのは不可能\といわれ長らく再販が望まれてましたが、ついに昨年AT100-CLとして復刻されました。


初版からの変更点はノブの割り当てのみという、ファンには嬉しいオリジナルに忠実な仕様。
個人的にアーティストモデルっていかにもって感じで全く興味ないんですが、これだけは即惚れでした。


めちゃめちゃシンプル。
サンバーストにメイプル指板と、一見6980円ぐらいの激安初心者ギターにも見えるような気もしますがそれがいい。
Jカスみたいにいかにも誰が見ても高級ギターです!
みたいなのもいいですが、こっちは知ってる人は知ってるぞ的な感じがいいですね。
ちなみに所有のJカスよりお値段張りました。


さすがのIbanezだけあって、シンプルなんですがかなり作りこまれてます。
シングルのストラトに見えますがシングルサイズのハムが載ってます。もちろんディマジオ。
Ibanez上位機種には珍しいノントレモロのウィルキンソンブリッジ。
prestigeの位置付けですのでMade in Japanです。
これまたIbanezには珍しい1pcのメイプル指板。


元々AT100はRTというマニアックなシリーズから派生したギターでした。
RTはメタル色が強いIbanezのイメージから離れてしまっていた為2、3年で廃盤になったシリーズです。
そのRTシリーズに改良が加えられてできたAT100。
低音がよく出てクランチが綺麗なのが特徴です。


アンディ自身かなりお気に入りらしく、AT300が出てからもやはりAT100をメインに使っているみたいです。




これからは自分もメインでガンガン使っていきたいと思います。