奮闘記

趣味とか日常とか

憧れのギタリスト◆Andy Timmons

憧れのスーパーギタリスト第二段!
【andy timmons/アンディ・ティモンズ】

ほとんどの人は初めてきく名前じゃないでしょうか。
百聞は一見にしかず、ということで説明の前にまず見てもらいましょう。








日本での知名度の低さには嫌になります。
間違いなく最高のギタリストです。個人的に一番尊敬してるギタリストです。
元DANGER DANGERというバンドのギタリストで日本にも何度か来ています。
現在はソロやユニット、スタジオミュージシャンとして活動してるみたいです。
↑動画を見てもらえればわかりますが、表現力がハンパない!!



感情こもりまくりで鳥肌もの。
サウンド、ニュアンスにも拘るギタリストで、現在はメサブギー愛用者。
ギターはハム搭載のストラト、IBANEZからシグネイチャーモデルもでてます。


プレイスタイルはジャンルという枠組みにとらわれることなく、メタルっぽいのからロック、フュージョン、ジャズ、カントリー…なんでも軽〜くこなします。
典型的な「天才」タイプのギタリスト。
サラッと弾いてしまうので簡単そうにみえますが、この人の曲はコピーできる気がしません。
無闇にテクをさらけ出すのは好きじゃないタイプらしいですが、弾かせればインギーやポール、インペリテリ並みの速弾きも朝飯前。


で、なんやかんや凄いギタリストなんですが、やっぱり1番凄いのは実戦でのパフォーマンス。
「ミス?なにそれ?おいしいの!?」
と言わんばかりの安定感。



全くミスをしないことで有名なギタリストです。
雑誌の収録なんかでも1テイク、はい終了。
弾く時はけっこう派手なアクションなんですが、、、なんもミスらんなぁ〜憎らしい程.
自分にとって、他の好きなギタリストに抱くのが[憧れ]ならば、ANDYだけは[崇拝]に近い存在です。
とりあえず、自分の中で今一番旬でオススメのギタリストです♪
知らん人も要check!!

続きを読む

Marty Friedman インスト LIVE 〜IN OSAKA

Marty FriedmanのインストLIVEにいってきました。
会場はちっちゃいクラブハウスみたいな感じで、キャパは200人ぐらいでした。
整理番号10番やったから最前列。
手すりの向こうがすぐステージで、弾いてるポジションが余裕で分かるぐらいの近い距離。

今回のメンバーはマーティにドラムは前回同様ジェレミー(stive vaiのドラマーなんかもやってる)、バックギターは大村(MI講師でYGにもよく出てる)、ベースは知らん人でしたが日本人ベーシストでした。
セットリストはLive in EuropeとFuture Addictionの曲目をだいたい全部。
聴き(弾き?)馴れたthunder marchやangelを生で聴けて大興奮!


目の前まで来て弾いてくれたり、ジェレミーなんか手すり越しに握手してくれたり、ギター突き出して触らしてくれたり、ちっちゃい会場ならではの一体感でかなり盛り上がりました♪
なかでも一番嬉しかったんはやっぱり生tornado of soulsを聴けたこと。
MEGADETH時代の伝説の曲(世界でもっともカッコイイソロアンケート上位にくる曲)です。
例えるなら、(再結成したけど再結成する前の状態の)X JAPANのtoshiが、自信のソロライブでFOREVER LOVEを歌うぐらいのレア度!


イスラエルで20万人の観客を酔わしたあの曲を、まさに目の前で聴けたのは、一ギタリストとして、ほんまに幸せなことやと思います。




憧れのギタリスト Marty Friedman

最近ブログに書くネタがないので、憧れのギタリストの紹介でもしてみようかと思います。


【Marty Friedman/マーティ・フリードマン】




MEGADETH(CD売上1000万枚以上のバンド)全盛期の元ギタリスト。
MEGADETH加入前はジェイソン・ベッカーと共にカコフォニーというバンドで活動。
こんな世界を代表\するスーパーギタリストですが、現在は新宿在住(笑)
J-POPをこよなく愛するがために、日本に移住までしてきた程の日本好き。


マーティ独特のフレーズは演歌からインスパイアされたものが多い。(ハワイ在住の頃、流れてくる演歌のフレーズに心惹かれてギターでコピーし始める)日本語は独学で通信教育で習得したようです。


最近はTVへの進出がめざましく、第二のデーブスペクターとか言われていたり。
かなり独特なピッキングスタイルで、これで弾けるのが不思議なくらいです相川七瀬のバックギタリストで紅白に出場してます。
他にも八代亜紀や鈴木亜美と共演したり、kotokoに楽器を提供したり、最近話題の黒人演歌歌手ジェロのカバーアルバムにも参加しています。
J-POP好きだけあってポップ調なソロフレーズが得意みたいです。※<早弾きギタリスト全盛期時代のギタリストですが、バラードにも定評があり、感情的なソロもたくさんあります厚底ブーツ愛用者です(笑)




【使用機材】
MEGADETH時代はJacksonのケリーを愛用。現在はIbanezの自身のシグネイチャーモデルを使用。(自分愛用のSZ520も使っていた時期あり)
アンプはCreateから現在はENGLEに乗り換えたようです。
7月9日に心斎橋のCLUB QUATTROにてワンマンライブが開催されます。
続きを読む

【LINE6】Custom ToneがPOD X3/X3 Liveに対応

遂にCustom ToneがX3/X3 Liveに対応したようです。
前にも少し触れましたが、Custom ToneはLINE6社のPOD向けのサービス(パッチのアップロード/ダウンロードが可能)です。


LINE6にユーザー登録していればGEAR BOXと同様、無料で使用できます。
個人的にX3対応を待ちわびていたサービスです。
とにかく便利!
具体的な使いどころですが、例えば…友達が弾いてる音が気に入り、「その音作り教えて〜や!」となった時なんかに威力を発揮。


従来なら、「エフェクターはソリッドメタルで〜GAIN3時、Tre11時、Bass3時、Mid12時で〜それをBOSSのGE-7でブーストして〜その設定は〜ほんでRV-3で軽くリバーヴかけて〜〜〜あ゛━━めんどくさい・・・となるはずです
。マルチなんて更に手間がかかる。(紙かなんかに設定書いてもらって、それを見ながら1から設定する)


ここでCustom Toneの登場!!→「音作り教えて〜や!」「ええで〜」→全ての設定(パッチ)をワンクリックで保存→HP上にアップロード→友達がダウンロード、保存→USB経由で本体に反映→完了!
なんやこの快適さ!!
友達の間だけでなく、世界中のギタリストご自慢の音もすぐに自分で出すことができます。
しかも海外の猛者たちは、有名アーティストの音なんかもコピーしてアップロードしてくれてます。(ご丁寧に曲ごとに)
こんな便利なサービスを使わん手はない!!


ということで、要望があれば自分のパッチもどんどん放出します。(メールか掲示板でご相談下さい)
XT以降の機種なら、多少は音変わるかもしれませんがたぶん大丈夫でしょう。(X3でXT用のパッチは問題なく使えました)


続きを読む

突発釣り紀行

久しぶりに釣りに行ってきました。
一時期は毎週ぐらい行ってたけど、最近は一年ぐらいご無沙汰
さすがは熱しやすく冷めやすいO型・・・


ふとした閃きでいきなり再開するんもO型
いつも通りのバスケに行ってから、夜中の2時ぐらいに出発!!
ちょうど夜明けぐらいに福井県は音海に到着〜
DSC00819


懐かしのマイホーム
今回はのんびりアジでも釣る予\定やったけど、着いたらすでに防波堤は人で埋まってました
イカはまだ早いのに??
とか考えながらとりあえず荷物運搬ついでに偵察にいってみたら、みんな必死にルアー投げてジギング中(あーサゴシの時期か(サワラの幼魚))


そんなジギング集団に紛れながら平然とサビキの準備
当然周りから「なんやこいつらKY」みたいな顔でみられる
もちろんKYでサビキング開始


…アジいません
仕方ないからジギング集団に参加することに(一応ジギングセットはトランクに積んである)
周りはまだ誰も釣れてないみたいで、みんな対抗意識の火花散らせながらルアー大乱投!!
一方、座ったまま適当にボチャッと投げて巻きながら朝食のパンを食べだす自分(目的のアジがおらずやる気なし)


そんな一番やる気ないのに限っていきなりヒット(世の中不公平(笑))
パンくわえながらちょっとやる気もでて一気に巻き上げる

サゴシ、GET!!
その後もしばらくやってたけど結局1時間ぐらいで納竿〜
帰りに銭湯で暖まってから、昼過ぎぐらいに無事帰還しました。


記事検索
Archives
スポンサードリンク
YouTube Channel
My Gallery








PHOTOHITOブログパーツ

RSS登録
Subscribe with livedoor Reader
スポンサードリンク
最新50
Translate
スポンサードリンク
使用機材リスト
▼【Guitar】
┣Ibanez RG8470F
┣Ibanez AT100-CL
┣Ibanez SZ520QM
┣Fender stratocaster
┣Fender Jugstang
┣B.C.Rich Warlock
┣Glass Roots LP
┣Aria Pro Magna
┣Prologue ST
┗K.yairi/Fender

▼【Pedals】
┣POD X3 LIVE
┣t.c.electronic Nova System
┣zoom4040×2
┣Xotic BB PLUS
┣TUBEWORKS tube driver
┣BOSS/DS-2/RV-3/GE-7
┣jimdanlop CRYBABY
┣Ibanez TS-9
┣proco RAT
┣ROCKTORN RAMPAGE
┣VOX Satchurator
┗KORG Pitch Black

▼【AMP】
┣Mesa Boogie Lonestar
┣Marshall AVT20×2
┣Marshall VS30
┣Marshall MG30
┣Marshall MG10
┣Marshall NS-2
┗YAMAHA THR10

▼【Bass】
┣Ibanez SDGR SR1000
┣Fernandes
┗Checkmate
コンタクト
Ranking
奮闘記動画
スポンサードリンク
台湾インバウンド動画
奮闘記にBitcoinを送る
1DuaxxARif1V2BKdJGU5FAWqGPoYXV6k4K
権利の提示
記事内に掲載している写真及びその他素材について、別媒体での掲載をご希望の際は事前にご相談下さい。無断転載を固く禁じます。無断転載が確認された場合、削除要請及び使用料の請求をさせていただく場合がございます。