奮闘記

趣味とか日常とか

夏休み。チャリで一人旅∀・)ノ〜進行中

おはようございます。
台風接近してますが予定通り決行します。


下記の特設ブログにて随時リポート中!
↓↓↓

チャリンコ一人旅
http://d50.decoo.jp/diary/cyarinko/


では行ってきます!

車でyoutubeやニコニコの動画を見る

今回は車の中のモニターでyoutubeやニコニコの動画を見る方法を紹介します。
元の動画サイズが小さいんで近頃流行りの37型液晶テレビなんかで見るには少々厳しいですが、車内のモニター(7ワイドぐらい)なら埋め込みプレイヤーと同じサイズぐらいなので綺麗に見れます。


youtubeやニコニコにはけっこうレアな動画がころがってるので、ドライブの同乗者の暇潰しや出先のちょっとした待ち時間なんかに大活躍


※今回は簡単な説明だけなので、各ツールの詳しい使い方はgoogleやyahoo等で各自調べてみてください。
それでは具体的な方法を順を追って説明していきましょう。


まずはみたい動画を探してきて、【craving explorer】でダウンロードします。
形式はAVIを指定。


あとはダウンロードしたファイルを【DVD Flick】なんかで直接DVDに焼いてやればすぐにでも見れるんですが、どうせならもう少し拘りましょう。


youtubeは最近高画質動画(HQ)にも対応ましたが、どうしても音質面がいまいちでショボイ!
基本的に音量小さめです。
スピーカー交換したり音質に拘ってる人もいるかと思いますが、どうせやら高音質で迫力ある音で聴きたいもんです。


そこでちょっと改造。
最新の【craving explorer】は変換機能\も兼ね備えてるので、ダウンロードしたAVIファイルをWAV形式へと変換します。


これで音声データを取り出せました。
この音声データをDTMと同じ要領で味付けします。
要はマスタリングと同じ作業です。


【sound engine free】なんかの波形編集ソフトでWAVデータを読み込んで、マキシマイザーで音圧を上げてやったり、好みでディレイなんかをかけたり。


新たにWAV形式で吐き出して、出来た高音質のWAVと元のAVIファイルを【AVI operater】で結合してやります。
これで音質改良版のAVIができました。
あとはDVDメディアに書き込めるようにAVI→videoファイル→ISOイメージと変換してやるだけです。


【divX to DVD converter】でAVI→videoイメージに
この時比率は4:3、形式はNTSCにしておきます。
さらに【Img tool classic】でISOファイルに変換。
(DVD Flickでも変換可能。こなへんは好みで)


同様の手順で他に見たい動画もISOファイルへ変換していきます。
最後に纏めて【DVD shrink】でリッピングして【DVD decrypter】で焼いてやれば完成です。
プリンターでディスク面に題名なんかを入れてやればオリジナルDVDの出来上がり♪


こんな感じでネットでしか見れないANDY SELLECTIONを作ったりして見るのが最近の楽しみです。

マーティがJ-POPをカヴァーしたみたいです

【TOKYO JUKEBOX】

1.爪爪爪/マキシマムザホルモン
2.GIFT/Mr.Children
3.天城越え/石川さゆり
4.Story/AI
5.ポリリズム/Perfume
6.帰りたくなったよ/いきものがかり
7.TSUNAMI/サザンオールスターズ
8.雪の華/中島美嘉
9.駅/竹内まりや
10.世界に一つだけの花/SMAP
11.ロマンスの神様/広瀬香美
12.明日への讃歌/alan

Amazonから無事届きました。
(前回のアルバムは近場のCDショップで取り扱ってなかったという失敗より)


さっそくまったり聴きはじめる。
そこに、おかんがやってきて一言。


選曲が神!!


確かに完全に日本人と化したような選曲。
雑誌でJ-POPを斬りまくってるのはだてじゃあない。


さぁ肝心の内容ですが、終始マーティ節が炸裂しております。
チョーキングしまくりのビブラートかけまくり


最近お気に入りなのかワウも多用。
そんでお得意のクロマティックフレーズもお腹一杯。


よくも悪くも、これぞマーティ!!って個性が滲み出るような仕上りになってます。
ギタリストのみならず、カヴァーされてるアーティストのファンの人も是非聴いてみて下さいね。
J-POPとメタルの融合、、、素晴らしい


続きを読む

andy timmons band Japan tour 2009

ついにキター!!!!



9月15日 福岡 gete's7
9月16日 倉敷 RED BOX
9月17日 名古屋 THE bottom line
9月18日 大阪 BIG CAT
9月19日 東京 STB139
9月20日 東京 STB139
9月22日 仙台 enn


クリニックやユニットでは30回以上来日してるとインタビューで応えたティモンズ先生。
ずっとバンドでの演奏がやりたいと思ってたらしいのですが、ついに自分名義のバンドを引っ提げての来日です。


生アンディー!!
待ちわびた人も多いんじゃないでしょうか。


なかには海外まで見に行った人もいるみたいです。
それだけの価値があるギタリストです。


実は今月末もクリニックで東京を訪れるんですが、
「また東京かい!たまには関西まで来てくれよな〜」なんて思ってた矢先の発表\だったので嬉しさも倍増です。


まだだいぶ先の話ですが、これで今年一年頑張れそうです
それぐらい楽しみ。


そういや先生。今年に入って
AT100の再販、BB preampに専用モデルが登場、東京のクリニック、そして来日ツアーとだいぶ精力的な活動


それにしてもツアーもかなりのハードスケジュール・・・
こんな詰めて大丈夫なんやろうか、、、


うまい人のプレイをみるんが上達の秘訣。とかいうんなら、迷わず見ておくべきギタリストです
5月25日より先行予約。
これはちょうど自分への誕生日プレゼントになりそうですね♪


続きを読む

【レビュー】天使と悪魔【ネタバレ注意】

公開初日の朝イチ1本目見てきました。
※以下ネタバレなのでこれから見る人は注意して下さい。



※※※※※※※※※※※※



さすがはハリウッド!!
スピード感と緊張感たっぷりでスリルなアクションもありと想像以上によかったです。
原作読んでなくてもokという言葉が売りだった通り、予\備知識なしでも前作のダヴィンチコードより全然楽しめると思います。


原作読んでからだと若干歯がゆい場面がありましたが・・・
ん〜やっぱり時間の壁を大きく感じました。


時間を忘れるぐらい疾走的!といういい意味でも、2時間とそこらで纏めるのは無理や!って意味でも。
思いきって2部作にしてくれればよかったのに。
それぐらい、けっこうというかバッサリというかガッツリはしょられてました


個人的にダン・ブラウンの作品で一番魅力を感じる部分はトリビア的要素です。
専門的な知識や蘊蓄、様々な分野からアプローチを経て難題を解いていく。
その過程で「へぇ〜」「そうなんやー」って驚きとか感心を味わえるのがこの人の作品で一番おいしいポイント。


そんな説明とか解説の部分が時間の都合上バッサリいかれてたのが残念でした。
説明が足りないので難題を解いた時の感動が少ないのが勿体ない。
なんとゆうか原作読んでない人には、天才ラングドン教授が最初から答えを全部知ってるように映ってるんやろなーと思うと歯がゆい気持でいっぱいに、、、


例えば、最初の啓示の道へ至る謎解きの場面。
原作では「503」が「D掘廚世箸いΔ海箸砲燭匹蠱紊まで、6ページにも渡って蘊蓄を述べ互いに考察を交わします。
そして、ヴィットリアの助言をヒントにようやくそれらしい推測にたどり着くことになります。


ところが映画では、「「503」とは乃ち「D掘廚覆鵑澄」


え?終了?
そこの部分の謎解きのささやかな感動は!?
みたいな突っ込みどころが多々ありました。


逆に、説明では「ピラミッドだ!」のみやけど、ピラミッドの真ん中に丸い装飾がついてるシーンをあくまでも背景として1コマだけ映す、、、みたいな原作読んだ人にだけわかる内容をあえて映像だけで演出してるような場面もあって、そこは「お〜なかなかニクい演出やな」と感心しました。
(単なるピラミッドではなく、ピラミッドに丸○は1ドル札のあのシンボルを表します)


あとは登場人物の設定やストーリーもけっこう変わってました。


・最初殺されるのはヴィットリアの父レオナルドではなく同僚。イルミナティの焼印も押されない。紋章はFAXで送られてくる

・セルン所長の重要人物、マクシミリアン・コーラーが出てこない。よって最後のどんでん返しの内容も変わる。

・カメルレンゴの演説は群衆の前ではなく枢機卿への説得の場面で。BBCのマスコミも登場せず

・スイス衛兵隊隊長のオリヴェッティの肩書きがローマ市警に。カメルレンゴの名前も変わっている。

・噴水でのアサシンとの水中対決はなし。死ぬはずのバッジア枢機卿は助かり後に新教皇へ


他にも細かい変更点は色々ありますが、これはこれで違和感なく話もうまく纏まってたのでアリでしょう。
総合的に、映画としては名作と呼べるぐらいのいい作品になってます。


映画単体でも面白いですが、見た後に原作を読んでもらえれば映画とはまた違った面白さが味わえると思うので是非原作の方も読んでみて下さい。


映像も綺麗で貴重な美術品とか建造物が見れるのも嬉しいですね。
そしていよいよラングドンシリーズの続編の発売も決まったみたいです。(映画化も決まってるらしい)
日本での発売時期はまだ未定ですが、こっちの方も楽しみです。


久しぶりに映画館行っておっきいスクリーンで迫力ある映画みれてよかったです。


※追記 2013.12.19
映像で巡るダン・ブラウン「インフェルノ」の世界 ※ネタバレ注意続きを読む
記事検索
Archives
スポンサードリンク
YouTube Channel
My Gallery








PHOTOHITOブログパーツ

RSS登録
Subscribe with livedoor Reader
最新50
Translate
スポンサードリンク
使用機材リスト
▼【Guitar】
┣Ibanez RG8470F
┣Ibanez AT100-CL
┣Ibanez SZ520QM
┣Fender stratocaster
┣Fender Jugstang
┣B.C.Rich Warlock
┣Glass Roots LP
┣Aria Pro Magna
┣Prologue ST
┗K.yairi/Fender

▼【Pedals】
┣POD X3 LIVE
┣t.c.electronic Nova System
┣zoom4040×2
┣Xotic BB PLUS
┣TUBEWORKS tube driver
┣BOSS/DS-2/RV-3/GE-7
┣jimdanlop CRYBABY
┣Ibanez TS-9
┣proco RAT
┣ROCKTORN RAMPAGE
┣VOX Satchurator
┗KORG Pitch Black

▼【AMP】
┣Mesa Boogie Lonestar
┣Marshall AVT20×2
┣Marshall VS30
┣Marshall MG30
┣Marshall MG10
┣Marshall NS-2
┗YAMAHA THR10

▼【Bass】
┣Ibanez SDGR SR1000
┣Fernandes
┗Checkmate
コンタクト
Ranking
奮闘記動画
スポンサードリンク
台湾インバウンド動画
奮闘記にBitcoinを送る
1DuaxxARif1V2BKdJGU5FAWqGPoYXV6k4K
権利の提示
記事内に掲載している写真及びその他素材について、別媒体での掲載をご希望の際は事前にご相談下さい。無断転載を固く禁じます。無断転載が確認された場合、削除要請及び使用料の請求をさせていただく場合がございます。