奮闘記

趣味とか日常とか

現況報告

ご無沙汰しております。
年末からインフルエンザに罹ったり、年明け息子が入院したり、そしてコロナ騒動でドタバタしていました。

3月1日に台湾に妻子を帰国させ、現在単身生活中です。

_20200302_064517

今現在日本台湾と行き来出来なくなっていますが、早めに動いたため難を逃れました。

コロナ 欠航

1584804876618

Point Blur_20200311_111353

DSC_3016

YouTubeのチャンネルの方はまもなく登録者20万人。教育機関や企業とタイアップを進めたりと随分進展がありました。

cartune-20200403_230633

line_115443284477201

人の少ない桜スポット巡り等も再開しています。

line_115439845261786

DSC_3028

パストリーゼ 買い方

コロナ対策は1月末からかなり厳しく取り組んでいます。マスクやアルコール消毒液は早めに入手、食料品や日用品も買い込んで籠城準備は整っています。

期間限定の単身生活ということで、またぼちぼちと更新していければと思います。

今日は自粛で家に籠もって久しぶりにギターを弾いていました。


それではまた!



ロマサガ3リマスター プラチナトロフィー獲得への道のり

ロマサガ3リマスター VITA版でプラチナトロフィーを獲得しトロコンを達成しました。

ロマサガ3リマスター トロコン

今回はロマサガ3リマスターのプラチナ目指す方向けのやり込み記事です。


続きを読む

ロマサガ3リマスター攻略 - 続編

お久しぶりです。

ロマサガ3ことロマンシングサガ3のリマスター版がリリースされました。

つきまして、2年半前に公開していた下記記事の続編として記事更新となります。

ロマサガ3リマスター攻略 - ハリード編攻略の指標 : 奮闘記 http://funto-ki.com/archives/52105356.html

当時ハリードではじめると書いていましたが、今回強くてニューゲームの引継ぎ要素があるようなので最強データをハリードで作成する為トーマスでスタートしています。

続きを読む

シーマハイブリッドに乗換え

ご無沙汰してました。

先月に車を乗り換えました。
趣味としての車は辞めていたんですが、車関連のメディアを運営していくなかで、取材で車と触れる機会が多くなってくるとやはり欲しくなりますね。

シーマハイブリッドです。

20190825_193348


続きを読む

ヤングギターの思い出

ヤンギことヤングギターが創刊50周年を迎えるとのことで数年ぶりに買ってきました。

ヤングギターとは、ヤングキッズおっさん問わず日本中のギタリストたちが愛読するギターのバイブル雑誌です。

YouTubeや動画共有サイトができる以前は、付録のDVDで紹介される海外のギタリストたちのプレイを皆食い入るように観たものでした。

アンディ・ティモンズやマーティ・フリードマン、スティーヴ・ヴァイやイングウェイ・マルムスティーンといった海外の凄腕ギタリストたちと出会えたのもヤングギターのおかげです。
たまたま手にした号がアンディの特集でした。
当時、ジャパメタにハマっていた私でしたがそりゃもうおったまげるくらいの衝撃を受けました。

私が当時崇拝していた日本のメタルギタリストの誰よりも速く、正確で、それでいてポップで情熱的。なによりも攻撃的ではなく耳障りの良い優しいサウンド。そしてギターインストとの出会い。

奇しくも、50周年記念号はインスト特集。
ギターインストの殿堂ということで、100人のギタリストのインスト曲が紹介されています。

そしてなんと、この刊にはアンディのボヘミアン・ラプソディーのカバーの楽譜がついていました。
まだ音源化されてなくライブでしかやっていない曲ですが、さすがヤンギ!コードを多用するアンディの曲は耳コピが大変なのでありがたい。
時間あるときにゆっくり触ってみようと思います。

殿堂特集にはもちろんアンディ・ティモンズも掲載されていました。曲はElectric Gypsy。

この曲はアンディの持ち味が凝縮されている曲です。曲自体は簡単なんですが、いざ弾いてみるとアンディのニュアンスが真似できないというギタリスト泣かせな曲。

その他、イングウェイのFar Beyond the SunやニールザザのIm Alright等、インストの定番曲が多数掲載されていました。

ヤンギにDVDが付属していた頃は毎号買っていたなぁ〜と懐かしく思います。
今でこそYouTubeで世界中のプロアマの演奏を聴くことができますが、昔は海外の凄腕ギタリストたちの演奏を目にする機会なんてほとんどありませんでしたしね。

50歳なのにヤングギター?と自虐ネタが書かれていましたが、ギターキッズたちはおっさんになっても永遠にギターヤングのままなんですよね。だからある意味とてもマッチした雑誌名だと思います。

記事検索
Archives
スポンサードリンク
YouTube Channel
My Gallery








PHOTOHITOブログパーツ

RSS登録
Subscribe with livedoor Reader
最新50
台湾インバウンド動画
Translate
スポンサードリンク
使用機材リスト
▼【Guitar】
┣Ibanez RG8470F
┣Ibanez AT100-CL
┣Ibanez SZ520QM
┣Fender stratocaster
┣Fender Jugstang
┣B.C.Rich Warlock
┣Glass Roots LP
┣Aria Pro Magna
┣Prologue ST
┗K.yairi/Fender

▼【Pedals】
┣POD X3 LIVE
┣t.c.electronic Nova System
┣zoom4040×2
┣Xotic BB PLUS
┣TUBEWORKS tube driver
┣BOSS/DS-2/RV-3/GE-7
┣jimdanlop CRYBABY
┣Ibanez TS-9
┣proco RAT
┣ROCKTORN RAMPAGE
┣VOX Satchurator
┗KORG Pitch Black

▼【AMP】
┣Mesa Boogie Lonestar
┣Marshall AVT20×2
┣Marshall VS30
┣Marshall MG30
┣Marshall MG10
┣Marshall NS-2
┗YAMAHA THR10

▼【Bass】
┣Ibanez SDGR SR1000
┣Fernandes
┗Checkmate
コンタクト
Ranking
奮闘記動画
スポンサードリンク
権利の提示
記事内に掲載している写真及びその他素材について、別媒体での掲載をご希望の際は事前にご相談下さい。無断転載を固く禁じます。無断転載が確認された場合、削除要請及び使用料の請求をさせていただく場合がございます。